日商エレ、十和田市現代美術館の企画展でAzure IoTを活用しデジタルトランスフォーメーションを実現

@Press / 2019年8月29日 11時0分

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:寺西 清一、以下、日商エレ)は、十和田市現代美術館の企画展「ウソから出た、まこと」の参加アーティスト北澤潤氏によるアート作品「LOST TERMINAL」にマイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)のクラウドサービス「Microsoft Azure」を活用した位置情報追跡ソリューションを提供します。


LOST TERMINALは、青森県十和田市のまちづくりの一環として開催されています。アート作品に仕立てたインドネシアの伝統的な乗り物「ベチャ」を美術館前に展示し、さらには来館者や市民がベチャを運転して、十和田市の街中を散策することができるという参加型のアート作品です。

日商エレは、来館者や市民が、乗ったり、目撃したり、使ったりする参加型のアート作品というコンセプトに対し、Azureと日商エレの位置情報追跡ソリューションで、新たな体験を生み出しています。今回提供している位置情報追跡ソリューションは、ベチャに取り付けたGPS端末から発信される位置情報データをAzure上に収集・分析し、館内に置かれた大型モニター上の地図にマッピングし、街中を走るベチャの位置をリアルタイムに可視化しています。それにより、街中を運行するベチャの状況を他の来館者の目にアートの一部として展示するという、ITとアートの融合を体感していただくことができます。

日商エレは今回のイベント向けに以下価値を提供しています。

・アート作品が今どこにあるかを可視化し、安全に管理
主催者や来場者の安全・安心のために、アート作品であるベチャの位置情報をAzure上に収集・分析、地図上に表示することで、貸し出したベチャの位置を館内の管理センターからリアルタイムに把握。また、アート作品が貸し出しエリア外に出た時に、アラートを通知することで紛失や予期せぬ事故を防止します。

・来館者が一目で分かりやすいインターフェースを開発
来館者に向けて貸し出したベチャの位置をBing Map上にマッピングするという、参加型アートの重要なポイントを担っています。また、来館者により楽しんでいただけるよう、本イベントに関連する画像を地図上に表示するユーザーインターフェースを開発、本イベント開催期間中のカスタマイズや機能拡張にも迅速に対応可能な環境を提供しています。

・Azure PaaSサービスを採用し、最新テクノロジーを短期間で活用
位置情報追跡ソリューションの基盤として、Microsoft AzureのPaaSサービスを採用しています。IoT HubなどのIoTソリューション向けの機能が揃っているだけでなく、クラウド上でのデータ処理にも優れた機能が提供されています。今回はIoT Hubで収集したデータをStreamAnalyticsやCosmosDBで処理・分析し、Bing Map上に可視化しています。それに加えて、Gold Cloud Platformパートナーである日商エレのナレッジを活用することで、導入準備などの負担を最小限に抑え、主催者の依頼から10営業日でのサービス提供を実現することができました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/192006/LL_img_192006_1.jpg
位置情報ソリューションのマップの写真


日商エレは、今後もさまざまなお客様の課題解決に向けてクラウドを利用したソリューションを提供していきます。


本取り組みの詳細、今回提供したソリューションはこちらです。

■本取り組みの詳細について
https://cloud.nissho-ele.co.jp/towadaart/

■位置情報追跡ソリューション
https://iot.nissho-ele.co.jp/solution/location_information/

・今どこにあるか一目で簡単に把握
・GPSを付けるだけ。様々な利用シーンに対応
・クラウドを利用することでコストを抑え、短期間で導入可能


今回のニュースリリースにあたりコメントをいただいております。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部長 安藤 浩氏
日本マイクロソフトは、この度のアートイベント「Lost Terminal」において、Microsoft Azureを活用した日商エレクトロニクス様のソリューションがご活用いただけたことを、心より歓迎いたします。Lost Terminalにおける地域の人々とアートとの新たな関係性創造の試みの中で、Azureのテクノロジーがその活用されていることから、テクノロジーとアートの新たな可能性を感じています。今後も、日本マイクロソフトは日商エレクトロニクス様とのパートナーシップを強化し、お客様のニーズに応えるソリューションを提供していきます。

北澤 潤氏
「LOST TERMINAL」は、私たちの「隔たり」を飛び越え、つなぎます。ベチャたちが溶け込みはじめた十和田の街は、6000kmほど離れたインドネシアの街と距離を超えて重なり、同時に「輪タク」や屋台が行き交っていたかつての日本の路上とも重なっていきます。今回のコラボレーションは、現代の情報技術がアートワークと(GPSを搭載し文字通り)一体となることで、遠く離れた国のリアルな日常をリンクさせたり、失われた路上でのコミュニケーションを体感する、空間や時間を飛び越えていく試みを可能にしてくれました。ある意味、ネット空間で難なくできる(もしくはできている気がしている)ことを、あえてフィジカルに遠回りさせながら現実化しようとしているとも言えます。ぜひ多くの方に現地で体感していただきたいと思います。


■十和田市現代美術館について
http://towadaartcenter.com/
十和田市現代美術館は、国内外で活躍する22名のアーティストの個性的な作品を、世界的な建築家西沢立衛による、ガラスの廊下で繋がった「アートのための家」の空間とあわせて体験する、アートと建築が融合した開放的な美術館です。十和田市のシンボルロード「官庁街通り」全体を一つの大きな美術館と見立てたアートによるまちづくりプロジェクトArts Towadaの中核施設として、まちに開かれています。未来の創造への橋渡しとなると共に、都市の活性化に寄与し、市民と作る参加型の運営を目指しています。


■日商エレクトロニクス株式会社について
日商エレクトロニクス株式会社は、「Innovation-Leading Company」として、ネットワークからサイバーセキュリティ、コンピューティング、業務プロセス改善まで幅広い分野で、次の社会・ビジネスを見据えた新たなイノベーションを創出しています。“Your Best Partner”としてお客様のビジネスに寄り添い、ともに成長するビジネス共創を目指しています。


*Azureは、米国 Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
*記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング