Cohesity、ファイル/オブジェクトサービスの新ソリューション「Cohesity SmartFiles」を発表

@Press / 2019年10月23日 12時0分

Cohesity Inc. (コヒシティ、本社:米国カリフォルニア州、以下「Cohesity」)は、従来のスケールアウトNAS(ネットワーク接続ストレージ)の機能を超えるファイル/オブジェクトのソフトウェアディファインド・ソリューション「Cohesity SmartFiles( https://www.cohesity.com/ja/solution/scale-out-storage/)」を発表しました。Cohesity SmartFilesにより、企業は、統合されたアプリケーションを利用して、優れたインテリジェンスをファイルサーバー環境に提供できるようになります。また、Cohesity SmartFilesは、他にはない容量効率性と様々なデータ管理機能により、ストレージコストを削減します。競合製品とは異なり、Cohesity SmartFilesは、マルチレイヤーのサイバーセキュリティソリューションを統合して、貴重なビジネスデータをサイバー脅威から守ります。

Cohesity SmartFilesは、コラボレーション/生産性アプリケーション、大規模ドキュメント管理、ライフサイエンス/医療研究、デジタルアーカイブ、監視カメラなど、さまざまなワークロードに最適です。Cohesity SmartFilesは、現在の市場にあるどのNASソリューションよりも優れたメリットを顧客に提供します。

・ 統合アプリケーションによりインテリジェンスを提供し、管理を簡素化:Cohesity SmartFilesによる大きなメリットの1つは、NASエコシステムをサポートするためのアプリケーションをCohesity DataPlatform( https://www.cohesity.com/ja/products/data-platform/)内で統合できることです。Cohesityマーケットプレイスから利用できるアンチウイルス、異常アクセスの検知によるファイル監査、コンテンツ検索などのアプリケーションはすべて、プラットフォーム上で直接稼働します。従来のNAS実装でこれらのタスクを実行するには、一般的に、インフラストラクチャを別途で購入して実行する必要があります。しかし、コンピュートをデータにもたらすこの方法により、コストと複雑性を軽減し、簡単にデータから価値を抽出できます。
また、ストレージクラスタに合わせて統合アプリケーションをスケールできます。
・ 統合サイバーセキュリティによりセキュリティを強化:Cohesity SmartFilesソリューションは、Cohesity DataPlatformを介して、エンドツーエンドのソフトウェア暗号化、多要素認証、イミュータブルファイルシステム、データロックなどのセキュリティ対策によりサイバーセキュリティを強化し、増加し続けるセキュリティ脅威からの防御を行います。また、悪意のあるファイルの検知やブロック、異常なファイルアクセスの検知、高リスク情報の識別と実用的な結果の提供など、統合アプリケーションによりさまざまなサイバー脅威からデータを守ります。
・ 「Googleのような」企業内データの検索機能によりデータを簡単に検索:Cohesity SmartFilesは、Cohesity DataPlatformの一部として、ユーザーが企業サイト間でファイルやファイル内を検索できるというこれまでになかった企業内検索機能を提供します。オプションのCohesity Helios( https://www.cohesity.com/ja/products/helios/)を使用することで、複数のサイトに拡張して検索を実行できるだけでなく、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloudなど、パブリッククラウドで実行するCohesityインスタンスでも検索を実行できます。このソリューションでは、データの場所に関係なく簡単にファイルを検索できます。これにより、データを検索するために、一度につき1つのサイロ毎に、時間と手間のかかる複雑な作業を行う必要はなくなります。
この機能は、eDiscoveryや事業調査をこれまで以上に簡単にします。そしてコンプライアンス対応において重要な役割を果たします。
・ 容量効率性によりコストを削減:Cohesity SmartFilesは、高度な重複排除、圧縮、小さいファイルの容量最適化を実装することで、これまでのソリューションを遥かに上回るデータ削減率とストレージ利用効率を実現します。また、サイロ化されたデータセンターボリューム全体で重複ファイルを削除することで、重複排除によるさらなるメリットがもたらされます。これは総所有コスト(TCO)の削減に直結します。
・ 自動化されたポリシー制御により多層データ管理を向上:Cohesity SmartFilesは、オンプレミスとクラウドの両方で透過的なデータ階層化を提供します。従来のNASソリューションの多くでは、一般的に、保存データの70~90%は低レイテンシのパフォーマンスを必要としない非アクティブデータです。Cohesity SmartFilesを使用することで、自動化されたポリシーを作成して、既存のNetApp、Isilon、Pure StorageデバイスからCohesity SmartFilesにデータを選択して階層化することだけでなく、「コールド」データをクラウドにアーカイブすることも簡単になります。また、Cohesity SmartFilesを使用することで、サードパーティの階層化ソフトウェアは必要なくなります。
ポリシーに基づいた手間のかからないCohesity DataPlatformへのデータ移行は、アプリケーションに対して透過的に実行されるので、ティア1ストレージのコストを削減し、バックアップパフォーマンスを向上できます。

Cohesityプロダクトマネジメント担当バイスプレジデント、David Noyは次のように述べています。「Cohesity SmartFilesは、ファイル/オブジェクトサービスのパラダイムシフトを表すものです。これは、データ上でアプリケーションを実行する、初めての非構造化データ向けソリューションです。Cohesity SmartFilesを利用することで、プラットフォーム上でネイティブにアンチウイルス、ファイル監査、コンテンツ検索を簡単に実行できます。また、Cohesity SmartFilesは、従来のスケールアウトNASアプライアンスを凌ぐ無限のスケール、優れた容量効率性、強力なサイバーセキュリティ、透過的な異種データ階層化を提供します。」

451 Researchの応用インフラストラクチャ兼ストレージ技術担当シニアアナリスト、Steven Hill氏は次のように述べています。「Cohesityのクラウドネイティブでのファイル/オブジェクトサービスは、従来のNASストレージより優れた拡張性、管理性、コスト効率性を保証します。私たちは、この手法により、複雑化が進む現在のマルチクラウドデータ管理要件をサポートできるようストレージが進化できると信じています。」

Cohesity SmartFilesは、お客様のニーズの変化や拡大に合わせて、お客様に価値を提供します。

・ 統一権限でのマルチプロトコルサポートによりアプリケーション開発を加速:同時アクセスや統一権限でのファイル/オブジェクトのネイティブマルチプロトコル(NFS、SMBおよびS3)サポートにより、開発者は、現在はもちろん将来にわたり、ワークフローに影響することなく、アプリケーションやデータをクラウドに簡単に移行できます。 Webスケールアーキテクチャにより拡張性の課題を解決:特定のソリューションのハード制限による拡張性の「障害」を取り除きます。Cohesity SmartFilesは、容量やファイルのサイズ/名前/パス、頻繁なスナップショット作成によるパフォーマンス低下など、ファイル/オブジェクトソリューションに関する一般的な制限を解決します。
シェアードナッシングの完全分散側ファイルシステムに基づくWebスケールアーキテクチャのCohesity SmartFilesは、必要に応じて、データ統合、大規模アーカイブ、メディアリポジトリ、大規模なファイルまたはオブジェクトストレージプールのすべてを管理が簡単なプラットフォーム上でスケールします。
・ ソフトウェアディファインドの柔軟性:Cohesity SmartFilesは、さまざまなハードウェアプラットフォームをサポートし、クラウドでもオンプレミスと同じ機能で実行できるので、より柔軟な選択が可能です
・ 異種サポートによりフォークリフトアップグレードが過去のものに:Cohesity SmartFilesは、シームレスな水平スケーリングだけでなく、単一のスケールアウトクラスタで連動する異種の新旧ノードのサポートを保証します。

Expedientのチーフ・イノベーショ・オフィサー、John White氏は次のように述べています。「Expedientは、前年比2倍の成長を達成しました。この勢いを維持するため、Expedientは、サービスプロバイダーとして私たちのパートナーやエンジニアリングチームの継続的な革新を推進する必要があります。私たちは世界中の先進企業のためにバックエンドを提供しています。たとえば、25億以上のファイルを扱うある1社の顧客のために、私たちの環境全体でスケールアウト型のソフトウェアディファインドのファイル/オブジェクトソリューションを実現する必要がありました。
Cohesityは、GBあたりのコストに対する要件を満たすだけでなく、セルフサービスの自動化や提供など、私たちの組織に素晴らしい効率性を生み出してくれ、データ管理予算を削減できました。Cohesityは有言実行の企業です。」

CohesityパートナーEdge Solutions LLCの社長、David Able氏は次のように述べています。「Cohesity SmartFilesは、顧客にとって素晴らしいソリューションです。従来のNASの機能を超えて、アンチウイルス、ファイル監査やコンテンツ検索など、ファイルエコシステムを単一のインフラストラクチャで統合できます。このすべてはCohesity DataPlatform内でまとめられ、企業ファイル/オブジェクトサービス、データ削減、バックアップ、災害復旧、クラウド統合が提供されます。」

AutoNationのテクノロジオペレーション担当バイスプレジデント、Adam Rasner氏は次のように述べています。「AutoNationは、米国最大規模の自動車小売業者として、私たちのビジネスを次のレベルに引き上げ、競合他社との差別化を可能にするCohesityのような技術企業との連携を常に求めています。私たちは、Cohesityのデータ管理プラットフォームを利用することで、大幅な節約に成功しました。私たちは、Cohesityとのパートナーシップを拡張し、スケールアウトNASの革新的な使用事例を活用して、AutoNationにおけるさまざまな事業で技術効率性やコストの最適化を実現することを楽しみに思っています。」

ご利用
新しいSmartFilesソリューションは、本日より、Cohesity DataPlatformを利用するすべてのお客様がご利用可能です。

詳細:
・ ブログ「A Fresh Look at Scale-Out NAS( https://www.cohesity.com/blog/a-fresh-look-at-scale-out-nas/)」(英語)
・ Cohesity WebサイトにおけるSmartFiles( https://www.cohesity.com/ja/solution/scale-out-storage/)に関する詳細情報
・ SmartFilesに関するビデオ( https://youtu.be/dU08ajJMdcU
・ SmartFilesソリューションの概要( https://www.cohesity.com/resource-assets/solution-brief/Cohesity-SmartFiles-Solution-Brief.pdf)(英語)


Cohesity Inc. について
Cohesityは、今日のビジネスが直面している重要な課題であるマスデータの断片化を解決するデータ管理の新時代を切り開きます。企業データの大部分 (バックアップ、アーカイブ、ファイル共有、オブジェクト・ストア、テスト/開発、分析に使用されるデータ) は、断片化したインフラストラクチャ・リポジトリに格納されているため、保護が困難で、管理にコストがかかり、分析も困難です。Cohesityは、リポジトリをオンプレミス、クラウド、エッジにわたる単一のウェブスケールプラットフォームに統合し、組織がそのプラットフォーム上でアプリケーションを実行できるようにします。これにより、データのバックアップと分析がこれまで以上に簡単になります。
Cohesityは、2019年のCNBC Disruptor、World Economic ForumからTechnology Pioneerに選ばれました。詳細はウェブサイト(www.cohesity.com)とブログ( https://cohesity.com/blog/)をご参照ください。また、Cohesity Japanのウェブサイト(www.cohesity.com/ja/)もご参照ください。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング