地震予測のJESEAが「MEGA地震予測」新機能の「地殻変動MAP」リリースを発表!

@Press / 2020年11月25日 10時0分

地殻変動MAP
株式会社地震科学探査機構(本社:東京都港区、代表取締役:橘田寿宏、以下 JESEA(ジェシア)は、地殻変動を見える化した「地殻変動MAP」の提供を発表しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233114/LL_img_233114_1.png
地殻変動MAP

「地殻変動MAP」とは特許取得済み(特許第6494147号)の地体区分システム、及び地体区分方法を用いて作成した「ミニプレート図」のほか「隆起沈降図」や「水平変動図」を時間の経過とともに表示する機能です。
本機能の開発においては、さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO:進藤 博信)にて、最新のデジタル技術を駆使して“ミエナイモノヲ可視化”している「ハイドロイド(Hydroid)」チームの協力により実現しました。
月額380円で毎週1回配信されるWebサービス・アプリ「MEGA地震予測」の新機能として搭載されますが、この新機能を公式ホームページ内にて年内無料で公開します。
URL: https://www.jesea.co.jp

ミニプレートとミニプレートの境界、隆起と沈降の境界、水平変動の向きが変わる場所などはひずみが溜まりやすく、地震の震源となったり地震が発生した場合、大きく揺れる可能性があると考えています。
「地殻変動MAP」がひずみの溜まっている可能性の高い場所のみえる化につながっていくことを期待しています。

JESEAでは今回リリースされた機能だけでなく、新技術を取り入れた地震予測方法を次々と開発しています。夢の直前予測ができるよう日々研究を続けています。


※用語について
・MEGA地震予測:JESEAが提供している地震予測情報配信サービス。宇宙から実際の地面の動きをとらえて、地震の前に現れる異常変動(前兆とよぶ)を検知し、村井俊治東京大学名誉教授の18年に及ぶ経験則を加味して地震を予測します。

・ミニプレート図:ミニプレートとは、地球の表層が同じような三次元的変動をするおおきなまとまりです。全国の電子基準点の週平均XYZ座標の三次元データを用い、 同じような変動をするクラスターに分類し、地図化したものです。定量的、動的、再現性があるなどの特徴を持っています。


【会社概要】
社名 : 株式会社地震科学探査機構
代表者 : 代表取締役 橘田寿宏(きった としひろ)
所在地 : 東京都港区南青山3丁目14番13号 ツイン南青山201
設立 : 2013年1月17日
事業内容: 地震予測事業/情報配信事業
URL : https://www.jesea.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

隆起沈降 水平変動 ミニプレート

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング