創業慶応三年の山田屋、144年間作り続けてきたたった一種類の「山田屋まんじゅう」の包装を一新

@Press / 2012年1月18日 10時0分

6個入り箱
山田屋まんじゅうを製造販売する株式会社 山田屋(本社:愛媛県松山市、代表取締役:五代目当主・高辻 元(高は旧漢字表記))は、2012年1月より山田屋まんじゅうの包装を一新いたしました。


【主旨】
144年の歴史を持つ山田屋まんじゅうは、吉田 茂 元首相、各界の著名人からも愛され続けてきた逸品。小さい中においしさが凝縮されていて、上品な甘さが魅力。薄皮とあんの絶妙なバランス、厳選された素材で丁寧に伝えられたおいしさ。創業は慶応三年(1867年)。「一子相伝。秘伝の製法」を守り続けています。
原材料の小豆へのこだわりも徹底しています。小豆のほかには砂糖・小麦粉・山芋。これだけの材料で深みのある甘さとおいしさを演出しています。商品は、このおまんじゅうのみ。この商品だけを追求した一徹な取り組みです。今回は、より洗練された新包装でリニューアル発売して参ります。

(6個入り箱) http://www.atpress.ne.jp/releases/24822/1_1.JPG
(12個入り箱) http://www.atpress.ne.jp/releases/24822/2_2.JPG


【新包装のポイント】
従来使用してまいりました薄茶色を基本とした包装から、今回の新包装では、清楚な「白」を基調に、清潔感あふれ、また、落ち着いた風合いの「山田屋まんじゅう」のシンプルさを強調しています。私どもの小豆へのこだわりという意味も含め、茶の梅柄(梅鉢)がよりくっきりと分かるように色合いを強めました。
さらに、奉書紙でおまんじゅうを大切に包み、ひとつひとつ丁寧に和紙を貼った高級折箱様式といたしました。

(旧包装) http://www.atpress.ne.jp/releases/24822/3_3.JPG
(新包装) http://www.atpress.ne.jp/releases/24822/4_4.JPG


【新包装の特長】
(1)個包装紙は、小豆色から茶色へ。
(2)トレーは、発砲トレーから和紙トレーへ。
(3)化粧箱は、茶色和紙から白色和紙へ。
(4)包装紙は、薄茶色から白色和紙へ。
(5)化粧箱は、折箱から貼箱へ。


<お客さまからのお問い合わせ先>
お客さま相談室 フリーダイヤル:0120-784-818
受付時間 9:00~17:00
※直営店、全国の販売店、楽天市場でご購入いただけます。


<山田屋ホームページ>
http://yamadayamanju.jp/


【会社概要】
会社名  :株式会社 山田屋
本社・工場:〒799-2421 愛媛県松山市正岡神田甲251
創業   :慶応三年(1867年)
設立   :昭和63年
代表者  :代表取締役 高辻 元
主たる業務:和菓子の製造販売

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

20個入り箱旧包装新包装

@Press

トピックスRSS

ランキング