HTML5/Flashページを同時生成するツール「snapSmart」を販売開始 スマートフォン/フィーチャーフォンに最適化されたサイトを一括で構築可能

@Press / 2012年1月17日 10時30分

株式会社アイ・ブロードキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田 拓右)は、予め1つのレイアウト定義を作成しておくだけで、スマートフォンとフィーチャーフォンのそれぞれに最適化されたページをリアルタイムに生成配信するサーバ製品「snapSmart」の販売を開始致しました。


スマートフォン向けのサイト制作では、PCサイトとは異なるページ構成が求められ、タッチ操作が容易なデザインが必要となります。また搭載OSの違いによる表示崩れへの対応が必要となり、単なるPCサイトのソース流用ではユーザに快適なサイト閲覧環境を提供することは困難です。

また、フィーチャーフォン向けのサイト制作では、ページ遷移を抑えるため、小さな画面に縦長のページ構成となり、ユーザがページ閲覧途中で離脱してしまうことが問題となります。画像中心のページを制作する場合にも、ページサイズの制限や通信回線速度、端末の種類などに応じて、画像の調整を行う必要があり、ユーザに快適なサイト閲覧環境を提供するためには、PCサイト開発とは異なるノウハウが必要となります。

「snapSmart」は、簡単なタグを用いてサイトデザインの定義を作成するだけで、スマートフォン向けにHTML5ページを生成し、フィーチャーフォン向けにはFlash Lite2.0ページを生成します。
そのため、サイト制作者はスマートフォンとフィーチャーフォンの違いや開発ノウハウを意識することなく、操作性に優れたリッチなサイトを一括で構築することができます。
スマートフォンとフィーチャーフォン両方のサイト制作を1本化できれば、費用を削減しながら、企画やデザインに専念できるため、スマートフォンとフィーチャーフォンに対してより訴求力の高いサイト提供が可能になります。また、リアルタイムでページの生成を行う事で、商品DBとの連携により商品の検索結果ページや在庫数情報などをリアルタイムに反映する事が可能です。


【主な用途】
スマートフォンの販売台数がフィーチャーフォンを追い抜き、スマートフォンユーザが急増している状況において、PCサイトの単なる流用ではない、スマートフォンの特性に合わせたコマースサイト構築はますます重要性を増しております。特に表示すべき商品点数が多くなる検索導線の作成に当たっては、スムーズなナビゲーションと画像の視認性が鍵となります。このような用途には「snapSmart」が最適です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング