もらった動画に指導者が赤ペン指導 簡単につかえるiPad対応『リアルコーチ』クラウドシステムを発売開始!

@Press / 2012年2月20日 10時30分

『リアルコーチ』画面ショット
戦略的なIT活用ソリューションを提供するゼニスイメージ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:北川 喜淳)は、時間や場所の制約を受けない本格的な個別動画指導サービス『リアルコーチ』の販売を2012年2月20日より開始することを決定しました。
また、発売記念キャンペーンを実施しておりますので、併せてお知らせいたします。

『リアルコーチ』URL: http://www.realcoach.jp/


【『リアルコーチ』とは】
『リアルコーチ』は動画に赤ペンと声を簡単に載せられる法人向けクラウドサービスです。離れた場所でお互いの空いた時間で指導ができる、動画コミュニケーションを実現します。iPhoneアプリで撮影したユーザーの動画を、iPadアプリで指導者が受信して赤ペンや声で指導します。指導動画データはクラウドを経由してiPhoneアプリのユーザーに届けられます。

『リアルコーチ』は、これまでパソコン等を使った動画診断・指導システムの面倒な操作やファイルのやりとりを一切無くした、クラウドシステムとアプリを使ったシンプルで簡単操作が特長の指導システムです。このため指導者は、動画ファイルではなく、指導内容に多くの時間を割り当てることができます。

システム利用料金は、コーチ1ユーザーの場合、基本契約は月額10,500円(税込)、年額で105,000円(税込)です。複数ユーザーの場合など詳細は、ホームページに掲載の価格表をご覧ください。

尚、本システム以外にも、会員制クラブなど特定の企業向け専用の動画診断アプリとしてカスタマイズ開発受託も可能です。


【発売記念キャンペーンについて】
現在、基本ディスクの容量を無償で50%増量し、合計約1,000レッスン分の動画保管が可能となる発売記念キャンペーンを実施しています。キャンペーン期間は2月20日から4月29日迄となっています。

また、50社限定で30日間のサービスの無料お試し利用を受付開始しており、『リアルコーチ』の機能を試すことができます。


【システム構成概要】
『リアルコーチ』システムは、以下の3つで構成されています。

・「リアルコーチ for アカデミー」:
指導コース・レッスンを登録するためのアカデミー管理者向けクラウドシステム
・「リアルコーチ for コーチ」:
申込コースの動画レッスン動画ができるコーチ向けアプリ
・「リアルコーチ for プレイヤー」:
アカデミーやコーチを探してコース申込ができる受講生向けアプリ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング