「伊豆ぐらんぱる探検隊vol.1 トレジャーハント~財宝“X”の謎~」開催のお知らせ  ― 日本初!レジャー施設でGPS探知機を活用した謎解きアトラクション ―

@Press / 2012年2月27日 17時30分

 株式会社サボテンパークアンドリゾート(本社:静岡県伊東市、代表取締役社長:籠池 賢二、以下 SPR)と株式会社エイデック(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:河野 洋範、以下 エイデック)は、2012年3月17日(土)より、SPRが運営する伊豆ぐらんぱる公園(静岡県伊東市)において、日本で初めて、レジャー施設でGPS(Global Positioning Systemの略称、全地球測位システム、。以下 GPS)探知機を活用した常設アトラクション「伊豆ぐらんぱる探検隊vol.1 トレジャーハント~財宝“X”の謎~」を共同で実施することとなりました。

 このアトラクションは全米で流行しているARG(Alternate Reality Gameの略称、代替現実ゲーム)(※1)及びジオキャッシングの要素(※2)を取り入れております。本アトラクションの参加チームは、参加時に貸与されるGPS探知機を活用しながら、伊豆ぐらんぱる公園に隠された様々な謎を解いて、伊豆ぐらんぱる公園にまつわる財宝の秘密を明らかにしていきます。
 謎解きには地元に密着した内容も盛り込まれており、地域振興の一助になるアトラクションを目指しております。どうしても謎が解けない場合は、伊豆ぐらんぱる公園の様々なアトラクションやレストランなどを利用することで謎解きのヒントを得ることも可能です。なお、本アトラクションは数カ月おきに謎解きストーリーをバージョンアップしていく予定で、vol.2以降はこの財宝伝説を巡るストーリーが展開していく予定となっております。
 本アトラクションの参加料は、1チーム1,000円となっており、お子様連れの親子からご年配のご夫婦までが楽しめる内容となっております。ゲーム時間は2時間程度を想定しており、伊豆ぐらんぱる公園の広大な敷地を活かして、参加チームは知力、体力、ひらめきなどあらゆる能力を駆使してアトラクションを楽しむことができます。

伊豆ぐらんぱる公園
http://www.shaboten.co.jp/guranpal/
トレジャーハント~財宝“X”の謎~
http://www.shaboten.co.jp/2012-treasurehunt/


(※1) ARG
Alternate Reality Gameの略称、代替現実ゲームと呼ばれており、参加者がWEBや町中の施設などを利用し、日常世界の様々なものを舞台に指令やストーリーをこなしていくゲームのことです。欧米では北京オリンピックのプロモーションなどで活用され、新たなコミュニケーション手法として注目されております。日本では元気株式会社が群馬県みなかみ町を舞台にしたARGを開催するなど、今後急速に普及されると言われております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング