「世界の製剤基地インド」が医薬品ビジネスの世界展開強化を発表 CPhI Japanインドパビリオンを中心にインド製薬会社30社が出展

@Press / 2012年3月14日 13時0分

日印国交60周年ロゴ
このほど「世界の薬局/世界の中心的医薬品製造基地」であるインドは、3月21日(水)~3月23日(金)にお台場東京ビッグサイトで開催されるCPhI Japan(国際医薬品原料・中間体展: http://www.cphijapan.jp/ )に、「ブランドインディアファーマ(Brand India Pharma)」というプロジェクトの元、代表的な製薬企業30社を出展することとなりました。

「Brand India Pharma/ブランドインディアファーマ」は、インド商工省およびインド医薬品輸出品協議会(Pharmexcil, India's Pharmaceuticals Export Promotion Council)、インドブランド・エクイティ基金(IBEF, India Brand Equity Foundation)がインドの製薬産業と医薬品ビジネスを次の段階に進めるためのブランディングキャンペーンです。そして、この「Brand India Pharma」キャンペーンは、世界に先駆け、日本からスタートします。

製薬産業のグローバル化の中で重要な役割を果たすインド製薬産業は、世界ジェネリック医薬品市場で完成品取引の20%を占めています。また、米国外では最大数を誇る米国食品医薬品局(U.S.FDA)の承認を受けた施設を通じて、手頃な価格でありながら高品質の中間体やAPI(Active Pharmaceutical Ingredients)、ジェネリック医薬品などを世界中に供給しており、世界の医薬品業界から高い関心を集めております。さらにインドには高い化学合成技術と品質管理技術があり、優秀な研究者を数多く有しハイレベルな製造・研究開発の委託先としても信頼されております。

インド製薬産業は、すでにアメリカ・ヨーロッパに進出し、シェアを拡大しております。一方アジアは今後シェアを拡大するチャンスにあふれた市場と認識しております。これから日本製薬企業が世界で勝ち残るためにはインドが持つ高品質の原料(API)、植物性原料、研究・開発力が不可欠となってきます。インドの製薬業界はアジア市場に参入するにあたり、日本を将来の戦略的パートナーとして認識しております。また、インド市場の開放と2005年に原則的に認められた医薬品関連発明の特許保護法の制定により、日本の製薬会社がインドの欧米規模の巨大な市場に参入するまたとない機会となっております。

@Press

トピックスRSS

ランキング