『Wagby 先進教育実践校 認定プログラム』の開始について 第1号は岡山大学様、学生と地元企業を結ぶ新しいスタイルを実践

@Press / 2012年3月26日 9時30分

株式会社ジャスミンソフト(所在地:沖縄県うるま市、代表取締役:贄 良則)は、同社が開発した「Wagby(ワグビィ)」を教育機関が無償で利用できる新たな仕組み『Wagby 先進教育実践校 認定プログラム』を発表しました。
http://wagby.com/


「Wagby」は、設計書からPC・スマートフォン対応業務アプリケーションを自動生成する、次世代の開発・実行環境の「ビジネスルール管理システム(BRMS)」です。2006年5月の発表以来、のべ400ライセンスを出荷してきました。
「Wagby」を用いた開発は、これまでの受託開発方式と比較して、生産性が概ね10倍以上に高まります。特に専門のプログラミング知識をもたない方でも自社の業務アプリケーションを開発できることから、ユーザー企業の内製化を実現するツールとして注目されています。

ITの活用が企業の盛衰を大きく左右する昨今、特に中小企業は人材確保やIT環境の整備に苦労しています。時宜を得て、ジャスミンソフトはこのたび、高等教育機関の学生向け授業で講師と学生に無償で利用できる「Wagby ライセンス」を発行する『Wagby 先進教育実践校 認定プログラム』を開始します。
これにより、特別な費用負担なしに学生が「Wagby」を用いた業務アプリケーション開発手法を学ぶことができます。さらに、開発された業務アプリケーションは一定期間、企業内で利用できることから、教育機関と地元企業が業務アプリケーションを共同開発できる仕組みへと発展させることが可能です。開発者である学生が地元企業へ就職し、企業のIT化に貢献することも期待できます。

本認定プログラムの第1号として、先般「岡山大学 情報統括センター」様が採択されました。同センターでは2012年4月より半年間、学生向けに企業におけるIT活用を学ぶ講座を開講し、「Wagby」を用いて具体的な業務アプリケーション開発を実践します。学生はプログラミング言語にとらわれない上流設計手法を修得することで、実業務とIT双方の理解を深め、企業にとって即戦力に成長します。


■「Wagby」が求められる背景

あらゆる企業はビジネスの変化に自らを適合させるため、ITの活用が待ったなしで求められています。特にスマートフォンやクラウドといった新しい環境の活用は成長戦略に欠かせません。しかし、従来の開発手法では経営層の要求するスピードに応えられていません。多くの企業で必死にそのソリューションが模索されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング