震災復興に向かう福島を訪れる「春のふくしま」ツアー開催!~ がんばる農業の現状視察と奥いいざか温泉の旅 ~

@Press / 2012年3月28日 9時30分

旅のチラシ(表)
福島交通観光株式会社(本社:福島県、代表取締役社長:松本 順、以下 当社)は、この度、原発被害に苦しむ福島の現状視察および、福島の春の魅力を満喫する「春のふくしま」ツアーを計画し、発売開始いたしました。
URL: http://www.fkk21.com/vw/d.php?id=1712&io=0&fndYear=2012&fndMonth=5&fndara=2&clm=0&os=0&lmt=30&odr=A


◆ツアー開催の背景
当社は、震災と原発事故による被害から復興を誓い、懸命に努力されている福島の人々の想いを伝えるために、地元のバス会社、旅行会社として開催することにいたしました。
原発被害の今を目で観て、耳で聴いて、感じてもらうことで、“福島の今”を忘れないでほしい。そして、正しい情報にもとづき、安心して福島を訪れていただくことで、変わらない福島の美しさ・温かさに触れていただきたいとの想いが、このツアーには込められています。


◆ツアーの特徴
ツアーでは、「がんばる福島の現状視察+春の魅力満載の旅」をコンセプトに、参加者の方々を様々な福島の名所へご案内いたします。

<ゆうきの里東和>
二本松市東和地区は、安心・安全な有機的農業を推進してきました。震災後、放射能汚染が懸念される中、どのように対処してきたかを、現場視察を交えながら関係者のお話をお聞きいただきます。

<安斎果樹園>
地域の果樹栽培の先駆者としての功績が認められ、日本人初の国連食糧農業機関の「模範農業者賞」を受賞した安斎さん。震災後の苦悩や取り組みを聞いていただき、実際に“摘果作業”を体験していただきます。

<奥飯坂温泉>
大自然の中にある福島有数の温泉郷。福島の大自然を感じながら、奥飯坂のやわらかい温泉を満喫していただきます。

<和田観光いちご園>
いちご園の敷地のうち3分の2が津波の被害を受けましたが、残された3分の1の農園に育苗し、今年1月15日に再オープンしました。甘くて美味しいいちごを30分食べ放題でご賞味いただきます。

<松川浦>
古くは万葉集にもうたわれた風光明媚な景勝地。今までに経験したことのない状況におかれていますが、その中でも人々は立ち上がり、前に進もうと歩み始めていることを感じ取ってください。


◆ツアー概要
名称  :「ふくしまの今」~四季の旅シリーズ~ 春のふくしま
      土に生きる有機農業者の春
     「がんばる農業の現状視察と奥いいざか温泉の旅」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング