1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

生ゴミ処理から医療系廃棄物までを一挙に解決!乾燥減量処理装置「メルトキング」の販売を開始

@Press / 2012年4月17日 13時30分

株式会社コノミティ(代表取締役/小林 伸二、本社/東京都港区)では、南極・昭和基地でも活躍をしている、生ゴミ・医療系廃棄物等の処理が可能な乾燥減量処理機「メルトキング」の販売を開始し、病院を中心とする施設の廃棄物問題の一助とします。


■事業者における廃棄物処理の現状
経済活動の拡大にともない、廃棄物の処理については、さまざまな問題が指摘されています。法令の整備、コンプライアンスの高まりの中で、排出する事業者の責任は益々、重要な課題となっており、廃棄物の処理および清掃に関する法律(廃棄物処理法)では、事業者に対して廃棄物排出の抑制と再生利用、減量と処理計画をもとめています。

■廃棄物量とコストを圧縮する
「メルトキング」は生ゴミ・医療系廃棄物等を1/5から最大1/50までに減量する処理機です。一般的に量や重さによって廃棄物処理費用が比例しますが、減量することでその費用も削減できます。特に医療機関から排出される紙おむつの処理には、既に導入している施設からも高い評価をいただいています。

■昭和基地でも使われている安全性
この商品は燃焼ではなく「乾燥」による減量方法であるため、ダイオキシンを発生させないという特性を評価され、南極・昭和基地の生ゴミ処理にも活躍しています。
医療系廃棄物やおむつ等、デリケートな衛生保持が必要となる対象物であっても、180~200℃の高温で攪拌しながら乾燥させますので、確実に細部まで滅菌処理をおこなうことができます。

■生ゴミや医療系廃棄物まで対応したラインナップ
メルトキングシリーズには大きく2種類あり、処理できるものはそれぞれ次のものです。
「メルトキングDNX」:残飯・惣菜類、生野菜、果物、植物 等
「メルトキングMD」 :感染性廃棄物(紙おむつ、ガーゼ、脱脂綿、包帯 等)
上記ラインナップで、廃棄物の減量ニーズに応えます。

当社では医療廃棄物で悩む病院、地方自治体等に対して販売を行いながら、このような環境関連の商品の取り扱いを増やし、その動きを加速させていきます。また、(1)環境関連事業に興味がある個人・法人や、(2)病院・医療関係、食品製造業、給食センター、ゴミ処理施設、ホテル・旅館、マンション等住宅関連業のクライアントと関係があり、新サービスをお考えの個人・法人、と提携し、環境問題を一つ一つ解決していく所存です。


<「メルトキングDNX-1000」商品概要>
※下記以外に大きさや対象物の違うシリーズ商品があります。詳細はお問い合わせ下さい。
発売元    :株式会社ダイソー
価格     :オープン価格 (卸売価格はお問い合わせ下さい)
寸法(W×D×H):2,340×1,510×2,535 mm
重量     :3,000kg
処理能力   :1,000リットル/バッチ ※500リットルタイプもあります。
電源     :3層200V
消費電力   :2.3kw/h
使用燃料   :灯油(JIS1号灯油) ※ガス(都市・LPG)仕様もあります。
燃料消費量  :8~13リットル/h
処理時間   :8~13時間/バッチ
※ 消費燃料・処理時間・減量率は処理物の性質・含水率・形状などにより異なります。


<株式会社コノミティ コーポレ―トサイト>
URL: http://www.conomity.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング