日本漫画協会賞 受賞作者と農山村医が老人介護・医療問題に踏み込む セミナー「どんな介護を望みますか?」を開催~5月19日(土) カタログハウスの学校にて~

@Press / 2012年5月7日 13時0分

漫画「ヘルプマン」((C)くさか里樹/講談社)
 通販雑誌『通販生活』でおなじみの株式会社カタログハウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐倉 住嘉)では、毎月1回選りすぐりの講師陣をお招きする「カタログハウスの学校(渋谷区代々木)」( http://www.cataloghouse.co.jp/study/?cid=pr )にて、セミナー「超高齢化社会を考える どんな介護を望みますか?」を5月19日(土)に開催致します。

▼URL: http://www.cataloghouse.co.jp/study/schedule/T20120519001?cid=pr

 近年、日本の少子高齢化が加速しています。総務省によると、2011年10月1日現在、日本の総人口は前年より25万9千人減となり、過去最高の減少率を記録しました。そのうち、年少人口(0~14歳)の割合が13.1%と過去最低になる一方、老年人口(65歳以上)の割合は過去最高の23.3%となり、逆三角形の社会の縮図が改めて浮き彫りになりました。
 2025年には国民医療費が約50兆円になる(厚労省発表)と予想されており、少子高齢化で高齢者医療費抑制が命題となっているなか、いかに地域ケアやサービスを向上させるかが今後の日本社会を支える鍵となります。

 そこで今回は、介護福祉士の青年の活躍を描いた『ヘルプマン!』(月2回刊イブニング連載)の作者である漫画家 くさか 里樹氏と、『ヘルプマン!』の大ファンという信州で地域医療に取り組む内科医、色平 哲郎氏をお招きし、今後の日本における介護のあり方について語っていただきます。


■若き「ヘルプマン」が日本の介護現場を切る!
 高齢者が「自分らしさを保つことができる」社会を実現するためには

 『ヘルプマン!』は、高校の教科書でも推薦されている、日本の老人介護問題をリアルに描いたコミックです。若き介護福祉士の恩田百太郎が、介護の現場で様々な困難に直面しながらも成長していく姿を描き、注目を集めています。
 介護問題という重いテーマながら読後感がとても爽やかなこのコミック。百太郎がいかに「老人が自分らしさを保ちながら生きていけるか」を常に考え、楽しく介護に取り組んでいるのが印象的です。
「気にしない 気にしない!オレだって…今、白い目で見てるやつらだって年取りゃみーんなおむつはいて人のお世話になるんです!お互い様なんだからでかい顔してりゃいいんすよ!!」(第2巻)
 若者らしい前向きさで人間の尊厳を守ろうとする百太郎の活躍に、色々と考えさせられます。

@Press

トピックスRSS

ランキング