「母の日に100万円の花を贈ろう」劇的花屋が提案する母の日の感動サプライズプレゼント

@Press / 2012年4月27日 18時0分

 「贈る人も贈られる人も、一生の思い出に残るサプライズ」をコンセプトとした花屋、「劇的花屋(ドラマティックフラワーズ)」は、5月13日の母の日に一生分の感謝を伝える、花を使ったサプライズサービス「母の日スペシャル」を開始しました。

URL: http://www.dramaticflowers.jp/


【サービス開始の背景】
 「今年じゃなくてもいいか…」と思っていると、感謝の想いは、一生伝えられない可能性があります。

 劇的花屋は、お客さまの言葉だけでは伝えきれない想いを、一生の思い出に残るサプライズという形でお母さまの元までお届けします。少しだけ勇気を出し、お母さまへの気持ちを手紙に書くことで、母の日が訪れるたびに、お客さまからの感謝を思い起こすことができます。毎年、無難な物を贈るより、一生に一度のサプライズをプレゼントすることをご提案いたします。

 今年の母の日を、生涯で一番恥ずかしくて、照れくさくて、思い出に残る一日にして欲しいと考えております。


【サービス内容】
▼100万円分の花で家中まるごとデコレーション
 『マリアのパラディーゾ(聖母の楽園)』

 「今年は、特別な母の日にしてあげたい…」そのような想いを実現してくれるのが、このサービスです。

 『マリアのパラディーゾ』は、家の外装、玄関、庭、リビング、寝室、バスルーム、ペットハウスまで、家中をお客さまのアイデアをもとにお花でデコレーションし、手紙を贈るというサービスです。

 「お母さんに、美しい物を見て心が踊る感覚や、ときめくような体験をさせてあげたい」
 「ベッドルームをお花でデコレーションして、お姫様のような気分を満喫させてあげたい」
 「庭をお母さんの大好きなひまわりでいっぱいにして、友達も呼んでガーデンパーティーを開きたい」

 そのような想いを叶えるサービスです。

<サービス詳細>
■価格
100万円(税込)

■お申込みの締切
5月6日(日)まで

■対応地域
全国に対応しています。
※心を込めて創るため、1名さま限定とさせていただきます。

■そのほかのサービス
花の写真、専用フォトフレーム、和田 浩一のアーティストカード、花をより愉しむためのレシピをお付けいたします。


▼大切な手紙を包む、10万円の玉手箱
 『マリアへルコネッサンス(聖母への感謝)』

 株式会社ニューヨーカーが今年行なったアンケートによると、「母の日ギフトを贈られた時に、あるとさらに嬉しいもの」のNo.1は、「メッセージカード」となっています。子どもからの手紙は、実に61%のお母さまが欲しいプレゼントなのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング