~ 2012年5月 トレンド予測レポート ~市場を賑わす「“濃い味”商品」を徹底調査2012年は、「濃い味×健康」商品に注目!

@Press / 2012年5月9日 16時0分

キリン 「濃い味 〈糖質0〉」
 消費者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、「濃い味」や「濃厚」を謳う商品が増え、その売上を伸ばしているという近年の「“濃い味”ブーム」に注目し、消費者への意識調査、商品ジャーナリスト・北村 森氏へのインタビューを行いました。これらの調査から明らかになった「“濃い味”ブーム」の実態と、今後のトレンド予測についてレポートします。


■ レポート内容
1.市場を賑わす「“濃い味”商品」 ― そのラインナップを分析 ―
 近年、何かと目にする機会の多い「濃い味」を“ウリ”にする商品。
 人気のラインナップなど、市場における「“濃い味”ブーム」の現状をレポートします。

2.「“濃い味”に関する意識調査」 調査から明らかになった消費者の声とは!?
 20~50代の男女500名に“濃い味”に関する調査を実施しました。
 調査からは、“濃い味”を求める一方で、“健康”を気にする消費者の心理が明らかになりました。

3.専門家・北村氏に聞く、これからの「濃い味商品」 注目は「“濃い味”×健康」!
 商品ジャーナリスト・北村 森氏に、「“濃い味”商品」の魅力や「“濃い味”ブーム」の背景についてインタビュー。
 今年のキーワード“我慢しない”から、これからの「“濃い味”ブーム」の行方を予測します。


■ 市場を賑わす「“濃い味”商品」 ― そのラインナップ・売上データを分析 ―
 近年、スーパーマーケットやコンビニで目にする機会が増えているのが、「濃い」、「濃厚」など、「濃い味」を“ウリ”にする商品です。食品、飲料、スナック・菓子から調味料まで、様々な分野で、「濃厚○○」、「特濃○○」など、“濃”の文字が売り場を賑わしています。
 そこで、こうした「“濃い味”商品」の内、実際に売り場に並んでいる商品をいくつか紹介します。

◆ キリン 「濃い味 〈糖質0〉」
http://www.atpress.ne.jp/releases/27119/a_1.jpg
カテゴリー“No.1低カロリー”に、ビールファンに嬉しい味わいの“濃さ”

 キリン独自のコク味付与技術により、深みのある味わいとボディ感を作り上げたというのが、「濃い味 〈糖質0〉」です。カラメル麦芽による麦の香ばしさや、ファインアロマホップ、アロマホップによる引き締まった苦味が実感できる、深みのある味わいに仕上げられています。新ジャンル、いわゆる「第3のビール」ながらも、ビール本来の“濃い”麦の風味やコクを楽しむことができます。
 しかし、本商品の魅力は、この風味やコクの“濃さ”だけにとどまりません。ビールファンが喜ぶ魅力を前面に打ち出しながらも、糖質は0。更には、「第3のビール」商品カテゴリーの中で、最も低いカロリーを誇る商品となっています。(※)
 まさに、ブームを呼んでいる“濃い味”と、根強い人気を誇る“健康”路線の両方のメリットを合わせ持つ商品であると言えるでしょう。

@Press

トピックスRSS

ランキング