世界中数万人の中から選ばれてニューヨークタイムズスクエア巨大スクリーンにて、画家・田中 拓馬の作品発表のお知らせ

@Press / 2012年6月12日 11時30分

遺影を持つ少年
2012年6月18日の19時~22時半の間にニューヨークタイムズスクエアで、画家・田中 拓馬(T&M GALLERY)の作品展示が行われることが決定致しましたのでお知らせ致します。


■作品展示の背景
ニューヨークで行われる、世界中のアーティストを対象にした誰でも参加できるコンペティションで、入選者及び、GRAND PRIZEの者をニューヨークのタイムズスクエアの巨大な電光掲示板でその者たちの作品を発表するというイベントがあります。この審査はネット上の投票で公平に行われるもので、誰でも参加できるものです。そこで投票の多いものが選ばれて、ニューヨークのタイムズスクエアのスクリーンで作品が発表されます。

応募総数は全世界から数万人で、200万ページが世界中で見られて、投票されました、その中のアーティストとして田中 拓馬が選ばれて、タイムズスクエアで作品が発表されることになりました。以下の資料は主催者のARTIST WANTEDというイベントのART TAKES TIMES SQUEREから来た入選のお知らせです。

田中 拓馬本人もイベント当日には現地に行く予定です。


■田中 拓馬 略歴
1977年生まれ。東京都出身。埼玉県立浦和高校卒業後、早稲田大学法学部を経て、独学で絵をはじめる。絵を始めて半年で埼玉県展に入選など国内では二科会、国画会などに入選後、海外の方にシフトを移す。上海の700坪の巨大ギャラリーでの個展を3度行い、DUO YUN XUANという上海フォージーズンズホテルで行われた2日間で40億の売上げのあるオークションで91×72センチの絵が32,200元、日本円で40数万円で落札される。(日本人唯一の参加)またオランダのブラダで行われたアートイベント SIMBIOSEでは29カ国から120人のアーティストが選ばれて作品を発表した中でトップのフライヤーの絵に採用される。(日本人唯一の参加)またシンガポールのギャラリーと契約して常時絵が展示中。今年は798芸術区というアジア最大のアートエリアである北京の香港現代美術館で個展を9月15日から10月15日まで個展を行う予定。


ART TAKES TIMES SQUEREで検索していただければ150万ページ以上の関連ページが表示されます。
http://www.artistswanted.org/arttakestimessquare/


以下ART TAKES TIMES SQUEREからの入選メールです。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング