1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

~第35回サハラマラソン~ 今年は最高気温50度台という過酷なコンディションの中尾藤朋美さん、総合女子準優勝の快挙!

@Press / 2021年10月12日 18時0分

ステージ3のゴール時の尾藤朋美さん
7日間の衣食住を、自ら背負って走る自給自足のレースで、世界で最も過酷で歴史のある「サハラマラソン(MARATHON DES SABLES)」< https://www.marathondessables.com/ >が、2021年10月1日~11日の日程(6ステージ7日間)で、北アフリカ・モロッコ南部のサハラ砂漠で開催され、初参加の尾藤朋美(びとう・ともみ)さん(30歳・東京都出身、神奈川県在住)が、総合女子準優勝という快挙を成し遂げました。日本人が総合女子で3位以内になるのは初めてです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/280007/LL_img_280007_1.jpg
ステージ3のゴール時の尾藤朋美さん

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/280007/LL_img_280007_2.jpg
総合女子表彰式左:尾藤朋美さん

「サハラマラソン」は毎年4月前後に開催していましたが、2020年度は中止になり、2年半ぶりに10月に開催。世界各国から672名(うち日本人3名)の挑戦者が出場しました。

今年のレースは、過酷さがいつもと格段に違い、毎回完走率が95~98%と比較的ファンランとして走っても完走できる大会でしたが、今年はステージ1で30名がリタイア、タイムレースとして最後のステージ5では、318名しか完走できなかったという、完走率47%という35回にして最も過酷な大会となりました。

そんな中、総合女子で準優勝に輝いた尾藤さん。2018年から本大会を目指しトレーニングされた賜物だと思います。「2018年からずっと優勝するぞ!と意気込みやっと走れた今回のMDS。モロッコに行ったことも砂漠を走ったことも無かったけど、このようなステキな結果を出すことが出来たのは沢山の方の応援があったからです。心の底から感謝しております!この準優勝はTEAM JAPANみんなの者だと思います。本当にありがとうございました!!30年間生きてきた中で過去1番過酷だったけど最高に幸せです!!」とコメントを寄せています。

また今回の大会で一番の思い出を「ラストステージで2位の選手との10分差を詰めるために止まることなく全力で走り切れました!」と最後までパワフルな尾藤さんでした。


その他日本人の結果は以下の通りです。
BIB:463 橋本健志さん /全体126位 男子114位年代別45位記録 44時間54分22秒
BIB:464 尾藤朋美さん /全体28位 女子2位年代別2位記録 34時間39分17秒
BIB:465 牟田口玲奈さん/全体331位 女子61位年代別25位記録 65時間02分35秒

次回第36回大会は、2022年3月25日~4月4日までとなります。


■尾藤朋美(びとう・ともみ)さんプロフィール
https://www.tomomi-fitness.com/
1990年生まれ。パーソナルトレーナー、ランニングコーチ、マラソントレーナー、ボディメイクアーティスト。高校・大学とチアに打ち込む。大学卒業後は保育士として働いた後、2018年3月にフリーのプロトレーナーとなり、同年4月にフルマラソンデビュー。チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン118km総合優勝やNPCJ POWERHOUSE GYM CLASSIC 2019部門別W優勝など数々の実績を持つ。マラソン自己ベストはフル2時間59分32秒、ハーフ1時間26分57秒。


■世界一過酷と言われる歴史のあるマラソン「サハラマラソン」概要
「サハラマラソン(MARATHON DES SABLES)」は、アドベンチャーマラソンの草分けといえる大会で、1985年に現在のフランス人主催者パトリック・バウワー(Patrick BAUER)がサハラ砂漠約200kmを走破、この感動をランナーに伝えたいと翌1986年に第1回大会を開催したのが始まりです。2012年2月に、CNNによる「世界の過酷な耐久レース10(World's 10 endurance challenges)」に選出されています。( http://travel.cnn.com/explorations/escape/worlds-toughest-endurance-challenges-152211 )

●主催・運営: Atlantide Organisation Internationale
(アトランティッド オーガニザシヨン アンテルナショナル)
所在地 : BP98-10003 TROYES Cedex- FRANCE
Web : http://www.darbaroud.com

●レース開催地:北アフリカ・モロッコ(サハラ砂漠の入り口部分)
※コースは毎年変更されます

●規定走行時間:6ステージ、7日間合計約250km。各ステージは制限時間が設けられており、42kmのマラソンステージは12時間、約80kmのステージは35時間内でゴールしなければならず“水”以外の衣食住をランナー自らが背負って(約8~12kg)日中は50℃を超える灼熱の砂漠を走破するステージレース。


■サハラマラソン(MARATHON DES SABLES)の歴史
1986年 第1回大会23人のパイオニアランナーが挑戦
1991年 第6回大会日本から5名が初出場(男性3名・女性2名)
2009年 第24回大会日本人女性(出場当時72歳)が
日本の最高齢参加者として表彰される
2012年 第27回大会50ヶ国855人が出場(日本人27人)
日本人男性 総合9位入賞<過去最高順位>
2015年 第30回大会 1,300人の枠がわずか1か月足らずで定員に
日本からは34名が挑戦
2017年 第32回大会参加者977名、日本から過去最高の47人が参加


・第35回大会画像

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/280007/LL_img_280007_3.jpg
第35サハラマラソンステージ1スタートシーン

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/280007/LL_img_280007_4.jpg
砂丘を列をなして走るランナーたち

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/280007/LL_img_280007_5.jpg
ステージ3のコース上

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/280007/LL_img_280007_6.jpg
ステージ4のコース上


<お問い合わせ先>
「サハラマラソン(MARATHON DES SABLES)」日本事務局
E-mail: runners@runners-wb.org
URL : http://www.runners-wb.org/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

総合女子表彰式左:尾藤朋美さん 第35サハラマラソンステージ1スタートシーン 砂丘を列をなして走るランナーたち

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング