金属・電機・機械関係製品メーカー・商社様向け 中国・四川省成都市 進出支援セミナー、7月3日(火)・20日(金)開催

@Press / 2012年6月19日 14時0分

経営コンサルティングの株式会社オペラシオン(所在地:東京都千代田区、代表取締役:山口 通典)は、この度、国内企業の中国・成都エリア進出に向けた支援サービスを新たに開始しました。
これに伴い、2012年7月3日(火)・20日(金)に、中国・四川省成都市へ進出を目指す企業向けのセミナーを六本木の泉ガーデンタワーで開催いたします。


【中国・四川省成都市 進出支援サービスについて】
中国・四川省は、ジャイアントパンダの産地や三国志の蜀の国として諸葛亮孔明や劉備玄徳といった武将が日本人にもよく知られています。また、四川料理は、麻婆豆腐や回鍋肉など、唐辛子や山椒等の香辛料を使った特徴ある料理で、馴染みのある中華料理の一つとして日本に定着しています。
その四川省の省都である成都市は今、急速な経済発展を遂げています。2000年より始まった西部大開発計画に加え、我々の記憶にもあたらしい2008年の四川大地震の復興支援資金が流れ込んでおり、今やその経済成長の速度は、上海や北京などの中国沿岸部の都市を大きく上回る勢いです。

今回の支援サービスの特徴は、その成長期を迎えている『成都エリア』に特化した海外進出支援という点です。政府、公的機関、現地企業等独自のルートで築いた人脈や、市内での飲食業2業態、アパレルブランド1業態など新規事業開発の経験等を活かし、成都市を中心とした中国内陸部へ進出したい国内企業を強力にサポート致します。


今回は第1弾支援として、成都市の新興開発地区である新都区に建設された大型常設展示施設「成都国際五金機電城」に対する「月3件以上の商談機会保証付き常設展示会」の出店支援を行います。

出店企業は、商談後の販売支援やディーラー信用調査、契約仲介、物流支援等トータルでサポートを受けられる仕組みになっています。また、商談機会を保証することにより、機会損失防止やテストマーケティングに非常に有効です。

支援対象は、成都市進出を目指す「金属・電機・機械製品を取り扱うメーカー・商社」です。また、既に中国他地域へ進出されている企業様や、既に成都エリアに進出しており、業容拡大を目指している企業も対象としています。


【中国・四川省成都市 進出支援セミナーについて】
支援サービスの開始に伴い、7月3日(火)及び7月20日(金)に六本木の泉ガーデンタワーでセミナーを開催します。特に7月20日(水)は五金城開発プロジェクトを担当している四川興茂(集団)有限公司や成都市政府関係者を来賓として迎え、成都市の魅力についての貴重なお話をしていただきます。
セミナー後も個別相談の受付や懇親会などを予定しています。参加は随時受け付け中、定員になり次第締め切りとします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング