1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

北海道と秋田県を結ぶ光海底ケーブルの共同建設協定を締結

@Press / 2021年10月28日 13時0分

今回敷設のルートイメージ
NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は2021年10月、KDDI株式会社、楽天モバイル株式会社、ソフトバンク株式会社と、北海道と秋田県を結ぶ大容量光海底ケーブル(以下 本海底ケーブル)を建設することに合意し、共同建設協定(以下 本協定)を締結しました。本海底ケーブルは、総延長約770キロメートルで、2023年末の完成を予定しています。最先端の光波長多重伝送方式(※1)を採用することで、160Tbps(テラビット毎秒)以上の設計容量を実現します。
NTT Comは、本協定に基づき相互連携を図りながら本海底ケーブルの建設を推進し、より安心・安全なネットワークを提供します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/282743/img_282743_1.png

1.背景
あらゆる業界におけるデジタル化の進展や、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとしたリモートワークの普及などによりトラフィックが年々増加傾向にあり、通信は人々の生活に欠かせないインフラとなっています。
一方、通信を支えるネットワーク設備は地下や海底に敷設されており、地震や津波などの自然災害によってサービス提供に影響を及ぼすリスクがあり、通信事業者にとってBCP対策や設備の信頼性向上は重要な課題になっています。
このような環境において、NTT Comは、インターネットをはじめとするネットワークサービスを安定的にご利用いただくため、設備の高信頼化に継続して取り組んでいます。

2.概要および特長
本海底ケーブルは北海道小樽市から秋田県秋田市をつなぐ総延長約770Kmの大容量光海底ケーブルです。NTT Comは本海底ケーブルを敷設することで、既に保有しているルートと合わせて、北海道と本州間で3ルートによる冗長構成をとることが可能となります。
また、これにより日本全国の主要拠点をつなぐネットワークの3ルートによる冗長構成が実現され、自然災害など、予期せぬ事態においてもさらに安定したネットワークサービスを提供することができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/282743/img_282743_2.png
日本全国3ルートによる冗長構成

3.今後について
NTT Comは今後も、設備の多重化や冗長化に加え、最新技術とこれまで培ったノウハウを活用し、デジタル化の進展を支える通信インフラの高性能化・高信頼化を推進します。

NTT Comは、事業ビジョン「Re-connect X(TM)」にもとづき、お客さまやパートナーとの共創によって、With/Afterコロナにおける新たな価値を定義し、社会・産業を移動固定融合サービス・ソリューションで「つなぎなおし」、サステナブルな未来の実現に貢献していきます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/282743/img_282743_3.png
https://www.ntt.com/about-us/re-connectx.html

(※1):波長が異なる複数の光信号を1本の光ファイバーに同時に乗せることにより、ケーブルの大容量化を実現する通信方式です。





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

日本全国3ルートによる冗長構成 Re-connectXロゴ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください