京都精華大学マンガ学部ますます最強化!!客員教授にみうらじゅん氏、東村アキコ氏、山田章博氏の就任が決定!

@Press / 2012年7月11日 11時30分

みうらじゅん氏:『アイデン&ティティ』
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:坪内 成晃)は、マンガ学部マンガ学科の客員教授として、マンガ家・イラストレーターなど幅広く活躍するみうらじゅん氏(54歳)、現在ドラマが放映中の『主に泣いてます』や育児マンガ『ママはテンパリスト』などで知られるマンガ家の東村アキコ氏(36歳)、美しく繊細な筆致が特徴で、小説『十二国記』などの挿絵を手がけるマンガ家・イラストレーターの山田章博氏(55歳)の就任を決定いたしました。なお、就任年月日は2013年4月1日となります。

これは、ギャグマンガコース、キャラクターデザインコースの新設などを含む、2013年4月のマンガ学部改編に伴うもので、さまざまなマンガ領域で活躍する諸氏の客員教授就任により、多彩なマンガの表現領域を学生に教育することが可能となります。

みうらじゅん氏には、年2回程度の特別講義をご担当いただき、マンガ家としての活動だけでなく、イラストレーターや作家、ミュージシャンなど幅広い活躍をされていることから、マンガ学部のみならず、他学部生も受講できる形式での開講を予定しています。

東村アキコ氏には、主としてギャグマンガ領域をご担当いただき、同じく年2回程度の特別講義の開講を予定しています。また、学生とともに作品をつくり上げるワークショップ形式での授業も想定しています。

山田章博氏には、主としてキャラクターデザイン領域をご担当いただき、月1回程度、学生への作画指導のほか、多岐に渡るコンテンツ業界での経験等を講義いただく授業を予定しています。


●みうらじゅん氏からの就任コメント
人と同じようなことをする時期が過ぎると、人と違ったことを考えなきゃダメだって思う時期がやって来ます。ほとんどやり尽くされてるような気がしますが、隙間は必ずどこかにあるもんです。今から見つける癖をつけておく。それが私の授業です。

【みうらじゅん氏 プロフィール】
1958年京都市生まれ。武蔵野美術大学在学中に『月刊漫画ガロ』にて漫画家デビュー。独特の世界観が人気を呼び、イラストレーター、作家、ミュージシャン、ラジオパーソナリティーなど幅広い分野で活動。1997年、みうら氏の造語「マイブーム」が流行語大賞受賞。
また、2009年に一大ブームを巻き起こした「国宝 阿修羅展」を記念して発足された「阿修羅ファンクラブ」の会長としても知られる。
著書に『正しい保健体育』『マイ仏教』『ゆるキャラ大図鑑』など。CD『勝手に御当地ソング47+1 日本全国旅館録音(2枚組)』、DVD-BOX『ザ・スライドショー10 Rock'n Roll Slider JAPAN TOUR』ほか、音楽、映像作品も多数ある。2003年にマンガ『アイデン&ティティ』、2009年には小説『色即ぜねれいしょん』が映画化された。

@Press

トピックスRSS

ランキング