XiやWiMAXなど最大5つのUSBデータ通信端末が接続できるCUBEエンコーダ専用通信モデム「BOND(TM)」の販売を開始

@Press / 2012年8月23日 10時0分

BONDとCUBE155
インターネットライブ中継サービスの提供と関連機器販売を行う株式会社キャムキャスト7(所在地:大阪市西区、代表取締役:西岡 紳一、以下 キャムキャスト7)は、販売中のH.264ハイビジョンエンコーダ「CUBE(TM)」専用の通信モデム「BOND(TM)」の販売を、2012年9月より開始します。
「BOND(TM)」は米国Teradek,LLCの製品で、当社はTeradek社の日本唯一の販売代理店として、同製品の販売ならびにサポートを行っています。


■「BOND(TM)」とは
XiやWiMAX、イー・モバイルLTEなど複数のUSBタイプのデータ通信端末を使って、「CUBE(TM)」エンコーダで圧縮した映像データを配信するハードウェア製品です。「CUBE(TM)」エンコーダにスタッキングしてカメラマウントできるよう、「BOND(TM)」のボディは「CUBE(TM)」と同じサイズで設計されています。「BOND(TM)」にはUSBタイプのデータ通信端末を最大5つまで接続が可能で、「BOND(TM)」が対応しているキャリア、端末であれば組み合わせは自由です。

「BOND(TM)」で送出する際に分割されたデータは、一旦Sputnik(スプートニク)というオリジナルのサーバーへ送られます。バラバラに届いたデータをこのSputnikが順序良く再構築して、「CUBE(TM)」デコーダーやUstream、ニコニコ生放送などのプラットフォームへ送信します。
異なるキャリアを同時に使用して負荷を分散できるため、各キャリアの帯域制限や使用場所での回線混雑などにも柔軟に対応できるのが特長です。
価格はオープンで、実売価格は32万円程度を見込んでいます。

キャムキャスト7は2011年8月より、米国Teradek,LLCの代理店として、同社製品の販売、サポートを行っています。この度「BOND(TM)」を、販売好調の「CUBE(TM)」ファミリーに新しくラインアップすることで、放送事業者へ向けては「緊急報道や災害の現場から即時性の高い生中継」というソリューションが提案できるようになりました。
そのほかにも、大がかりな機材や高額な専用回線を使用せずに、低コストで手軽にハイビジョンライブ中継を実施したい映像制作会社、コンテンツ制作会社、イベント会社や映像機器レンタル事業者など、さまざまな分野のニーズに応えるべく拡販を進め、2013年夏までの1年間に200セットの販売を目標としています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング