「eコミュニケーション大賞」を創設 複数メディアで連携、医療系のネット広告・プロモーションの優秀事例を紹介

@Press / 2012年8月30日 13時0分

株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、以下 ケアネット)は、2012年9月6日、株式会社日経BP(本社:東京都港区、社長:長田 公平、以下 日経BP社)とともに「eコミュニケーション大賞」を創設いたします。「eコミュニケーション大賞」は、“e”と総称されるインターネットメディアを活用した医療従事者と企業との広告やプロモーションなどのコミュニケーションにおいて、優れた方法やアイデアを評価する賞です。


近年、医師と製薬会社MRとの面会制限など、医療関連企業から医療従事者への情報提供に大きな変化が起きています。各企業は、必要な情報を必要とされる医師や薬剤師にどう伝えるか、様々な創意工夫を凝らしており、特にインターネットを使った医療従事者とのコミュニケーションやマーケティング手法に対する期待は年々高まっています。

そこで本賞により、インターネットメディアを活用した医療関係のプロモーションや広告で優秀な事例をたたえ、共有、発信することで、“e”に関するコミュニケーションの発展に寄与したいと考えております。

さらに本賞は医療業界全体の発展のため、単独メディアの取り組みではなく、医療系ネットメディア共同での企画、運営を目指しています。よって、初回の今年は、まず第一歩としてケアネットと日経BP社の2社で「医療マーケティング・コンソーシアム」を設立し、「eコミュニケーション大賞2012」を主催します。今後は、複数メディアの協賛を予定しています。


■開催概要
「eコミュニケーション大賞2012」
主催:医療マーケティング・コンソーシアム
協力:日経デジタルマーケティング
協賛:ケアネット・ドットコム(CareNet.com)、日経メディカル オンライン(NMO)


■審査員(五十音順)
・小山市民病院 病院長
島田 和幸氏
・神戸大学大学院医学研究科 特命講師
杉本 真樹氏
・アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長CEO
徳力 基彦氏
・多摩大学 統合リスクマネジメント研究所 教授
真野 俊樹氏
・日経デジタルマーケティング編集長
杉山 俊幸




■スケジュール
ノミネート対象期間:2012年 1月~12月
審査       :2012年12月中
発表会/贈賞式  :2013年 1月以降


【日経メディカル オンラインについて】
日経BP社が運営する「日経メディカル オンライン」は、医師を中心とする医療従事者を対象とした会員登録制(無料)の医療専門サイトです。「多忙な臨床医の『今知りたい』に答えます」をキャッチフレーズに、臨床に携わる先生方が必要とする情報を簡潔、的確、タイムリーにお届けしています。現在、10万人を超える医師の先生方をはじめ、合計で38万人の医療従事者の方々にご登録いただいています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング