賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2012年9月および 関西圏版 2012年9月を発表

@Press / 2012年9月27日 10時30分

賃貸住宅市況図
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2012年9月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏版 2012年9月」を発表しました。

 首都圏版では「2012年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図」、「賃料下落の原因は単身者向け賃貸住宅の供給過剰」および「2012年7月期 1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。

 また関西圏版では「東日本大震災が関西圏賃貸住宅市場に与えた影響」および「2012年7月期 2府1県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社の賃貸住宅データを用いて行われています。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版2012年9月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol33_residential20120927.html
     「賃貸住宅市場レポート 関西圏版2012年9月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol5_resikansai20120927.html


1.首都圏版の概要
(1)2012年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図
 2012年第2四半期の1都3県の賃貸住宅市況は、前期に比較して大きな変化はありませんでした。引き続き、東京市部、埼玉県では市況の悪い状態が続いています。
 東京23区では、千代田区、渋谷区が「やや良い」→「良い」に、江戸川区が「やや悪い」→「やや良い」に、葛飾区が「悪い」→「やや悪い」と好転しましたが、墨田区が「やや良い」→「やや悪い」、板橋区が「やや悪い」→「悪い」となりました。東京23区の山手線内から東側にかけて市況が「良い」、「やや良い」地域が集中しています。

図 2012年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図:
http://www.atpress.ne.jp/releases/30154/1_1.JPG

(2)賃料下落の原因は単身者向け賃貸住宅の供給過剰
 民間借家に居住する単身者数が増加したこと、不動産投資の活性化により面積当たりの賃料の高い単身者向け物件に投資家の注目が集中したこと、等に市場が敏感に反応した結果、2000年以降の賃貸住宅の新規供給は単身者向け、特に1Kに偏っています。2000年~2011年にかけて、1Kは新築物件の約50%、1Rは約15%を占めています。特に東京23区では、サブプライムショックまでは住宅着工数自体も増加しており、2008年までは毎月3,000戸以上の単身者向け賃貸住宅が供給され続けたと推定されます。このため需要の伸びが供給を吸収しきれておらず、1Kの空室率TVIは高い水準で推移しています。1Kと市場を同じくする1Rについても同様に空室率TVIが高い水準で推移しています。
 不動産市場が過度に加熱していない限り、賃料指数は空室率TVIと負の相関関係を持ちますので、空室率TVIが高い水準で推移している1K、1Rの賃料指数は悪化傾向にありました。リーマンショック後に23区全体の賃料指数が下落傾向にあったのは、全部屋タイプに占める1K、1Rの割合が大きいことによります。

@Press

トピックスRSS

ランキング