motionBEAT、スマートフォン特化型DSP「Bypass」 広告主様の効果向上のため、レコメンデーションバナーを含む3機能追加へ

@Press / 2012年10月26日 14時0分

クリエイティブ最適化
モーションビート株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「motionBEAT」)は、提供するスマートフォン特化型広告配信システムDSP(※1)「Bypass」( http://www.bypass.jp/ja/ )において、利用いただく広告主様の広告効果向上のため、レコメンド配信・クリエイティブ最適化機能・シナリオ配信機能の3つの新機能を追加しましたのでお知らせ致します。


■レコメンド配信機能
レコメンド配信機能は、広告主様のサイトを訪問したユーザの商品閲覧・購入等の履歴からユーザの興味・関心を解析し、ユーザー毎に最適なクリエイティブの配信を行うことができます。
本機能を利用することで、広告主様のサイトへユーザの再訪問を促すことが可能となり、売上増加やCVR(※2)の向上につながります。


■クリエイティブ最適化機能
クリエイティブ最適化機能は、配信結果に基づいてCTR(※3)の高いバナーの配信を行うことができます。
本機能を利用することでCTRを最適化することが可能になり、安価なCPC(※4)でキャンペーンの運用が可能となります。


■シナリオ配信機能
シナリオ配信機能は、フリークエンシーの回数に応じて表示するクリエイティブの出し分けを行うことが可能となります。本機能により、サイト訪問ユーザのモチベーションに合わせたクリエイティブのストーリー設計が可能となります。


(※1) DSP(Demand Side Platform)とは
設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。
(※2) CVR(Conversion Rate)とは
企業Webサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行ったりした人の割合。Webサイトの投資対効果を計る上での指標。
(※3) CTR(Click Through Ratio)とは
表示された広告がどれだけクリックされたかを表す値。
(※4) CPC(Collaborative Product Commerce)とは
1クリックごとに支払う費用(単価)を表す単位。


motionBEATは、今後も最新アドテクノロジーによる広告ソリューションをグローバルに提供し、急速に拡大するスマートフォン広告市場においてリーディングポジションを獲得するべく、全力で事業展開して参ります。


■モーションビート株式会社 会社概要
・商号     : モーションビート株式会社
          http://motionbeat.com/
・上場市場   : 東京証券取引所マザーズ市場(証券コード2497)
・代表者    : 代表執行役社長 金子 陽三
・事業所    : 東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル6F
・設立年月日  : 1998年2月20日
・資本金    : 18億4,096万9,000円 ※2012年3月末現在
・主な事業の内容: インターネット関連事業、
          インベストメント&インキュベーション事業

・主なサービスサイト
スマートフォン特化型広告配信システム http://www.bypass.jp/
スマートフォン向け新広告プラットフォーム http://ad-stir.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

シナリオ配信レコメンド配信「Bypass」ロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング