1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

LifeSizeが究極の柔軟性を備えたビデオ会議インフラを提供 マイクロソフト社のHyper-Vへの対応、ビデオのストリーミングおよび録画機能の拡張「LifeSize UVC Manager」の導入を発表

@Press / 2012年11月13日 9時30分

テキサス州オースティン発 - ロジテック(Nasdaq:LOGI)(SIX:LOGN)の一部門であり、HDビデオ・コラボレーション分野で世界をリードするLifeSizeは、「LifeSize(R) UVC Platform(TM)」に改良を加えることにより、ビデオ会議インフラの購入、設置、管理における究極の柔軟性およびシンプルさの徹底的な追求を続けています。
この度、LifeSizeは、すべてのプラットフォームにおける「Microsoft(R) Hyper-V(R)」への対応、複数のアプリケーションにおけるビデオ機能の強化、これまでにないビデオ会議管理アプリケーション「LifeSize(R) UVC Manager(TM)」を発表しました。

ユーザー自身がビデオ会議インフラの設置方法(仮想環境またはLifeSize製ハードウェア)を選択できるだけでなく、アクティブにしたいアプリケーションや利用したい機能が選択でき、企業のニーズの高まりに合わせてキャパシティを追加できるのは「LifeSize UVC Platform」だけです。
「LifeSize UVC Platform」の総合的な提供形態や選択における柔軟性は、高価で自由度の低い構成であったり、アプリケーションごとに別々のハードウェアボックスを用意しなければならないような、従来の設置モデルにありがちな特徴とは非常に対照的です。

本日、仮想環境の90%以上はマイクロソフト社のHyper-VまたはVMware(R)上に構築されています。そのため、マイクロソフト社のHyper-Vにも対応することによって、これまで以上に多くのUVC Platformユーザーが、UVC Platformに本来備わっている選択性や柔軟性の恩恵を受けられるようになります。

「単一のプラットフォーム上で作動する様々なビデオ会議インフラアプリケーションを提供することにより、企業向けビデオ会議環境の運用に必要とされる、バックエンドテクノロジーの設置は大幅に簡素化されます」と、ウェインハウスリサーチ社のシニアアナリスト兼パートナーであるIra M. Weinstein氏は述べています。「購入のしやすさ、設置のしやすさと柔軟性、時宜に応じたソリューションの拡張性、これらを見事に組み合わせて提供してくれるのがLifeSize UVC Platformです。バラバラに分断されたビデオ会議インフラの構成要素に悩まされることなく、優れた機能を備えるビデオ会議システムを求める企業にとって、UVC Platformは十分に一考の価値があります。」

また、同時にLifeSizeは、ワンボタンでHDストリーミング、録画および自動パブリッシュが可能なソリューションである「LifeSize(R) UVC Video Center(TM)」の機能強化も発表しました。
最も注目すべき強化は、標準規格に準拠したエンドポイントであれば、クラス最高の機能を利用してダイヤルインや録画、ストリーミングができる点です。これにより、さらなる利用者の拡大が期待されます。さらに、多言語におけるクローズドキャプション機能の追加や、キャパシティ制限の倍増が施されただけでなく、高等教育における学習管理システムの中で最も利用されている「Blackboard Learn(TM)」にも対応しました。

また、ビデオネットワーク管理の簡素化によるIT部門の作業負荷軽減を目的に設計された、まったく新しいビデオ会議管理アプリケーション「LifeSize UVC Manager」が発表されました。
従来のあらゆるUVCアプリケーションと同様に、「LifeSize UVC Manager」はUVC Platform上で作動します。
これにより、ビデオ会議の管理者は、ビデオ会議の監視やコールのスケジューリング、数百ものデバイスのアップデートを、単一かつ直感的に操作できるインターフェースから、より効率的に行えるようになります。

「UVCこそが、多くのITの課題に対する答えです」と、LifeSize社アジア・太平洋部門のゼネラルマネージャ兼副社長であるSimon Claringbold氏は語ります。「我々は数百人のITリーダーと話してきましたが、彼らは口をそろえて語ります。彼らが求めているものは、どのような規模にも通用するような、フリーサイズのソリューションではありません。彼らは、既存リソースを最大限に活用しながら、必要とするだけ拡張していけるソリューションを求めています。我々のアプローチは、ITにとってのシンプルさや、より高い柔軟性、省力化だけにとどまりません。我々のソリューションを利用することによって、ユーザーがより高品質な経験を得られること。それこそが、常に我々の最終目標なのです。」


【価格設定および購入方法】
・現在、「LifeSize UVC Manager」は世界中でご注文いただけます。
・現在、「LifeSize UVC Video Center 2.1」は世界中でご注文いただけます。

【補足情報】
・LifeSize UVC Platformデータシート
・LifeSize UVC Video Centerデータシート
・LifeSize UVC Transitデータシート
・LifeSize UVC Managerデータシート
・LifeSizeブログ


【ライフサイズ・コミュニケーションズについて】
ライフサイズ・コミュニケーションズは、高解像度ビデオ通信ソリューションおよびテレプレゼンスの大手メーカーで米国テキサス州オースティンに統括オフィスを置き、世界100カ国以上にチャネルパートナーのネットワークを有しています。2003年に業界経験者によって創業されたLifeSizeは、高解像度ビデオ通信の市場を切り拓き、どこでも誰とでも、遠距離通信を同じ部屋で会話しているように自然で効果的なものにしてきました。LifeSizeの詳細については、 http://www.lifesize.com を参照してください。


LifeSizeのロゴおよびその他のLifeSizeのマーク、Logicoolのロゴおよびその他のLogicoolのマークは、登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング