「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」が世界記録に認定!!エコなイルミネーションイベントを2月17日まで開催

@Press / 2012年11月16日 14時0分

あぜのきらめき1
 石川県輪島市は、「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」で使用しているソーラーLED装置で「LARGEST DISPLAY OF SOLAR-POWERED LEDS(太陽光発電LEDの最大ディスプレイ)」というカテゴリーでギネス世界記録(TM)に挑戦し、ソーラーLED20,461個の点灯が確認され、新たなギネス世界記録(TM)として認定されました。

「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」
http://semmaida.kuronowish.com/kirameki/


【世界記録認定日】
2012年11月14日(水)

【世界記録挑戦内容】
 昨年認定された世界農業遺産のシンボル的な白米千枚田で、2回目の開催となる「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」(2012年11月10日~2013年2月17日)で使用されるソーラーLED装置について、ギネス・ワールド・レコーズ(TM)に対しギネス世界記録(TM)に挑戦したく、申請をしていたところ「LARGEST DISPLAY OF SOLAR-POWERED LEDS(太陽光発電LEDの最大ディスプレイ)」の記録カテゴリーが新しく開かれましたので、挑戦させて頂きました。
 この挑戦は、ひとつの会場で示される太陽光発電LEDの数を競うもので、最低条件として18,000個のLED装置の設置が設定されており、ギネス世界記録(TM)を確実にするために「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」で使用するLED装置、愛称「ペットボタル」を20,000個以上設置しました。
 この挑戦の日程は、世界各国で挑戦が行われる「ギネス世界記録の日」に合わせたもので、ギネス・ワールド・レコーズ(TM)では、「棚田の光景を浮かばせる」という日本らしい挑戦のため、イギリスから世界中に紹介されます。
 また、昨今の再生可能エネルギーが脚光を浴びている中、世界的にも珍しい太陽光の自然エネルギーだけによるイルミネーションイベントが日本代表としてギネス世界記録(TM)に認定されたことは、大変名誉なことであるとともに、再生可能エネルギーの素晴らしさを表現しているイベントとなっております。


【画像】
《ペットボタル》
http://www.atpress.ne.jp/releases/31564/d_4.JPG

《あぜのきらめき1》
http://www.atpress.ne.jp/releases/31564/a_1.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング