サイレックス・テクノロジー、アクセスポイントSX-AP-4800ANを発売 ~エンタープライズセキュリティに対応し、PoE受電が可能な業務用モデル~

@Press / 2012年11月29日 15時0分

SX-AP-4800AN
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士)は、エンタープライズセキュリティに対応したPoE受電可能な業務用アクセスポイント『SX-AP-4800AN』を12月10日より発売いたします。本製品はIEEE 802.11a/b/g/n(理論値300Mbps)に対応したワイヤレスアクセスポイントです。無線LANに対応したステーション機器(子機)を相互に接続する親機になります。

<SX-AP-4800AN>
http://www.atpress.ne.jp/releases/31880/1_1.jpg


当製品は業務用アクセスポイントに求められる機能や特徴を備えており、特に最近急速にワイヤレスネットワーク化が進みつつある、FA市場、アミューズメント市場など産業用途に適した製品です。


【主な機能・特徴】
■2.4GHz、5GHzのデュアルバンド対応
無線LAN規格IEEE 802.11a/b/g/nに対応しています。
※同時利用は不可。

■高度なセキュリティを搭載
懸念されがちな無線LANセキュリティに配慮し、エンタープライズセキュリティ認証IEEE 802.1Xに対応しています。

■PoE(Power over Ethernet)による受電に対応
本製品は、IEEE 802.3af準拠の電源供給機器からのPoE受電に対応しています。また、同梱のACアダプタからの給電も可能です。

■電波出力設定機能
無線LANの電波送信強度を設定することができます。

■論理的な無線LANインタフェースの複数利用(MultiSSID)
最大4つまでSSIDを設定して動作することができます。

■スマート無線設定
ステーション機器(子機)との無線接続設定を、プッシュボタンで簡単に行うことが可能です。


【アクセスポイント『SX-AP-4800AN』製品概要】
<無線LAN I/F>
IEEE 802.11a/b/g/n(2T×2R)

<有線LAN I/F>
10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T(自動認識)、802.3af(PoE受電)対応

<最大接続数>
32台

<MultiSSID>
4個

<無線セキュリティ(認証方式)>
Open、Shared、WPA-PSK、WPA2-PSK、WPA/WPA2-PSK(MIX)モード、802.1X、
WPA-Enterprise、WPA2-Enterprise、WAP/WPA2-Enterprise(MIXモード)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング