パスロジ、ワンタイムパスワード特許を日米欧亜で取得

@Press / 2012年12月6日 11時0分

PassLogic方式
パスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、ワンタイムパスワード「PassLogic」(*)のヨーロッパ特許が成立する見込みであることを発表いたします。


ヨーロッパでの特許成立により、日米欧中韓など、世界主要国で特許が成立したこととなり、世界規模でのワンタイムパスワード事業展開が可能となります。最近では、スマートフォンの普及により、ソフトウェア等のボーダレス化が進んでおり、インターネットユーザが多い地域を特許で網羅する必要がありました。

パスロジは、小規模なITベンチャーながらも、特許を重視した取り組みをしており、日本最大級の弁護士事務所であるTMI総合法律事務所をはじめ、2つの法律事務所、3つの特許事務所とアライアンスを組み、現在までに28件の特許を取得しております。

また、パスロジの技術力・特許ポートフォリオが評価された結果、製品「PassLogic」シリーズは、以下のクラウドサービス・ネットワークサービスに採用されています。

NTTコミュニケーションズ株式会社 :モバイルコネクト
株式会社NTTPCコミュニケーションズ:Master'sONE、InfoSphere
株式会社大塚商会         :O-CNET AIR GATE
株式会社外為どっとコム      :ネクスト総合口座、FXステージ
株式会社スマートエフォート    :ワンタイムパスワード認証ASPサービス
スターネット株式会社       :STAR-AUTH
ソフトバンクテレコム株式会社   :ホワイトクラウド ワンタイムパスワード
ニフティ株式会社         :法人向けWebメールサービス
富士通株式会社          :FENICSビジネスIPオプション・ユニバーサルコネクト、FENICS 携帯接続オプション


【ご注意】
上記以外の、パスロジのライセンスを受けていないサービス・製品を利用すること、また、自社開発にて利用することは、特許トラブルの原因となります。コンプライアンスを重視する企業の方は、現在ご利用中、またはご導入予定の製品やサービスが、パスロジのライセンスを受けたものであるかをご確認の上、ご利用/ご契約をされるようお願い申し上げます。


今後は、日本国内での採用実績と提携技術をもとに、国内提携先との協業による海外展開、また、弁護士事務所・弁理士事務所の協力を得て海外のクラウドサービス等へのライセンス供与を推進する計画です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング