ピットクルー、「ユーザーサポート・デバッグ」サービスを開始 不具合・問題等を携帯全機種で実機検証することで顧客企業・コンテンツユーザーの満足度を向上

@Press / 2013年1月21日 11時0分

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(本社/東京都新宿区、代表取締役社長/小西 直人、証券コード/3657、以下、PPHD)の傘下で、Webサイトの掲示板やブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などの投稿看視、ユーザーサポート業務を行うピットクルー株式会社(本社/東京都千代田区、代表取締役社長/小西 直人、以下、ピットクルー)は、同じPPHDグループ傘下でモバイルコンテンツのデバッグ業務を行うポールトゥウィンネットワークス株式会社(本社/東京都大田区、代表取締役社長/宗 孝幸、以下、PTWN)との業務連携により、2013年1月より、ユーザーサポートのオプションサービスとして、国内で販売されているほぼ全機種の携帯端末(スマートフォン・フィーチャーフォン等)を使用してコンテンツの実機検証(デバッグ)を行う「ユーザーサポート・デバッグ」を開始します。

 コンテンツ利用者(ユーザー)からコンテンツの不具合・問題等についてお問合せがあった場合、ピットクルーは自社が保有している携帯端末に限って不具合等の実機検証(デバッグ)を行い利用者に返信対応をしてきましたが、特定の機種に依存した不具合や問題の再現性については検証することができませんでした。一方、2012年7月にPPHDグループの傘下に入ったPTWNは、国内で販売されているほぼ全機種の携帯端末(1,000機種以上)を保有し、最新端末も発売当日に入手しているため、最新端末利用者からお問合せをいただいたコンテンツの不具合等についても、実機での再現を直ちに検証できることから、今回両社が協力して新たなサービスを開始するものです。

 ピットクルーが提供してきた従来のユーザーサポート業務に、ほぼ全機種の携帯端末のデバッグを加えることにより、ユーザーに対しては完成度の高い回答が可能となり満足度を高めることができます。またピットクルーの顧客企業であるコンテンツ配信メーカー各社は、不具合・問題点を迅速に修正して配信できるため、ユーザーの不満を早いタイミングで解消できます。さらに、デバッグ費用は不具合発生1回ごとの固定金額に設定し、デバッグをする/しないを選択できるため、ランニングコストを抑えられる等、コンテンツ配信メーカー各社にとってもメリットがあると考えています。

 ピットクルーとPTWNは、今後もPPHDグループとしてのシナジー(相乗効果)を発揮できるよう、高品質なサービス提供に取り組んでいきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング