TransferJet コンソーシアムが「CP+ 2013」で実証実験を開催

@Press / 2013年1月24日 10時0分

一般社団法人TransferJet コンソーシアムは「CP+ 2013」にて来場者を対象にした実証実験を行います。
今回の実験では、TransferJet無線技術を用いて、協力企業のブースに用意された電子カタログをタブレットに高速ダウンロードします。来場参加者はタッチポイントにタブレットをかざすだけの簡単操作で、動画を含む高画質な電子カタログを入手でき、自由に閲覧することが出来ます。
タブレットやスマートホンの普及により、デバイス間でのデータのやり取りを簡単に実現する本技術は今後ますますそのニーズが高まることが予想されます。NFCのような使い勝手でWi-Fiを超える転送速度をもつTransferJet無線技術が、展示会の新しい見学スタイルを提案します。


【実証実験開催概要】
期間   :2013年1月31日(木) ~ 2月3日(日)
場所   :CP+ 2013 会場(パシフィコ横浜) / ブース番号 G36
協力企業 :カシオ計算機株式会社、gizmon、マンフロット株式会社、オリンパスイメージング株式会社、SDアソシエーション、株式会社シグマ、ソニー株式会社、株式会社タムロン、株式会社東芝(機材提供)

なお、実証実験への参加方法については以下の事前登録サイトをご覧ください。
http://www.transferjet.org/cpplus


*TransferJet および TransferJet ロゴは、TransferJet コンソーシアム がライセンスしている商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング