「スターウッドホテル&リゾート」の成長の勢い続く世界中のラグジュアリー、高級、中級ブランドで継続成長

@Press / 2013年1月28日 12時0分

Wムンバイ
 スターウッドホテル&リゾートワールドワイド(Starwood Hotels & Resorts Worldwide, Inc.)(NYSE:HOT)は、本日、2012年に世界経済危機前以来ホテル契約件数が最大になったのに引き続き、2013年も新規開業や新規ホテル契約が相次ぐ力強い年になることが予想されると発表しました。スターウッドは、過去5年間にわたり、豊富な資本と経験をもつオーナーとともに上質な新規ホテルのパイプラインを築くことで、世界中における持続的な成長を目指してきました。


 フリッツ・ヴァン・パーシャン社長兼最高経営責任者(Frits van Paasschen, President and CEO)は、「新興の富裕層が現れ、ビジネスが次第にグローバル化し、世界のデジタルネットワーク化が進むにつれ、旅行や新しい旅行パターンに対する需要がかつてないほど高まっています。そして、私たちはこれまでと変わらず、弊社の長期的な成長について強気の見通しをもっています。ベトナムの製造業、ナイジェリアの鉱物資源、ブラジル、ロシア、インド、中国からの海外ツアーなど、グローバル化が経済発展を加速させ、弊社の事業にとって多くの刺激的な拡大機会を生み出しています」と述べています。

 サイモン・ターナー グローバル開発部門代表取締役(Simon Turner, President of Global Development)は、「2012年が開業、契約、持分拡大を進める力強い年となったのに引き続き、2013年に入っても、弊社は急成長市場と先進国市場の両方で拠点の拡大を続けることのできる態勢にあります。弊社が長年にわたり世界展開してきたことは競争上の強みであり、現地チームがノウハウと強力な人脈を提供することで、将来の成長と9つのブランドの継続的な拡大に道を開いています。2012年にスターウッドは、2011年から17%増となる計131件の新規ホテル運営契約とフランチャイズ契約を獲得しました。これには31件のコンバージョンが含まれ、うち12件は2012年中にオープンしました」と語っています。
 マクロ経済の成長動向を反映して、2013年にはスターウッド新規ホテルのうち約3分の2が急成長市場で開業する予定です。タジキスタンで最初のホテルをオープンするほか、ペルー、ブラジル、メキシコ、パナマ、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、バングラデシュ、ハンガリー、トルコ、サウジアラビアなどの重要な市場、さらに持続的な成長市場である中国やインドにも進出する予定です。また、ブラジル、ロシア、サハラ以南のアフリカ諸国で開発を続けるため、適切なパートナーを探し出すことにも引き続き重点を置いています。アジアは依然としてスターウッドにとって優先すべき市場であり、スターウッドの既存客室の約4分の1、パイプラインの約半数を占めています。

 ヴァン・パーシャン氏(Mr. van Paasschen)はさらに、「当ホテルのオーナーは、スターウッドの世界的拠点網、規模、強力なシステム、世界中で着実に増え続けるロイヤルカスタマー・ベースから恩恵を受けられる特別な立場にあります。また、弊社は発展のためバランスをとるアプローチの一環として、確立した市場にも重要な機会を見いだしています。これらの市場ではコンバージョンが加速しており、記録的な低供給と需要拡大が成長を支えています」と述べています。

 スターウッドは、北米などの先進国市場における成長のため、成熟した市場で確立したポジションを活かし、コンバージョンに対する関心の高まりに注目しています。2013年には、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、ヨーロッパでコンバージョンの勢いが増すと予想しています。


■2013年にラグジュアリーホテル事業のリードを伸ばす
 スターウッドは、セントレジス、ラグジュアリーコレクション、Wホテルの各ブランドのもと、ラグジュアリーホテルポートフォリオに150軒以上の物件をもち、ラグジュアリー市場でのリードを伸ばし続けています。また、世界中でラグジュアリーな旅を求め、その手段を開拓する人々が増えている現状を活かすことのできる特別な立場にあります。過去5年間で、スターウッドは世界各地でラグジュアリーホテルを約2倍に増やしました。新規ホテルのパイプラインのうち15%はラグジュアリーホテル事業であり、これにはアジア太平洋地域の優れたパイプラインや、世界各地で独立系ブティックホテルがスターウッドのシステムに加わって恩恵を受けようとすることで生じる多くのコンバージョンの機会が含まれています。

 2013年に、スターウッドはThe St. Regis Abu Dhabiを開業するほか、ラグジュアリーコレクションのメンバーである2つの象徴的な高級ホテル、Gritti PalaceとPrince de Gallesについて数百万ドルの大規模改修を終えて再開します。ラグジュアリーコレクションでは、大連(中国)のThe Castle Hotel、サムイ島(タイ)のVana Belle、Palacio del Inka(ペルー)がオープンを予定しています。また、スターウッドは中国本土で初のWホテルとなるW Guangzhouと、初めてのWアルペンスキーリゾートであるW Verbier(スイス)をオープンします。


■高級ブランドが引き続きグローバルな成長を刺激
 2013年は、スターウッドの高級ブランドであるシェラトン、ウェスティン、ル・メリディアンにとって力強い年となるでしょう。世界的におもてなしの象徴であり、世界各地の新市場へ進出した最初のホテルであるシェラトンは、2013年に過去最高の開業数となる約20軒をオープンし、今後もスターウッドの成長の源となります。シェラトンは2015年に記念すべき500番目の開業を目指しています。また、中国では市場リーダーの座を維持しており、現在57軒が営業中、2013年にさらに9軒が開業予定です。

 ウェスティンも世界各地で意義ある成長を遂げており、今年は200番目のホテルを開業する予定です。2013年には、The Westin Birmingham(米国)、The Westin Chennai Velachery(インド)、The Westin Houston Downtown(米国)、The Westin Haikou(中国)、The Westin Sanya Haitang Bay Resort(中国)、The Westin San Jose(米国)、The Westin Chongqing Liberation Square(中国)、The Westin Qingdao(中国)、The Westin Singapore Marina Bay(シンガポール)などを開業予定です。ル・メリディアンは、傘下ホテルへの多額の投資を終え、ブランド認知の向上や世界各地での契約拡大による恩恵を受けています。2013年には、Le Meridien Dallas、Le Meridien Atlanta Perimeter、The Stoneleigh(米国)、Le Meridien Zhengzhou(中国)、Le Meridien Saigon(ベトナム)、Le Meridien Dhaka(バングラデシュ)、Le Meridien Cairo Airport(エジプト)、Le Meridien Mahabaleshwar Resort & Spa(インド)、Le Meridien Jiaonan Resort(中国)の開業を予定しています。

■中級ブランドの世界的成長に向けた長い助走路
 アロフト、エレメント、フォーポイント・バイ・シェラトンといったスターウッドの中級ホテルポートフォリオは、2012年に大幅に契約件数を増やし、2009年以来最大の客室数を開業したことで、これらのブランドの世界的な魅力を活かし、2009年以来60%以上の成長を遂げています。これは、スターウッドが長期保有戦略をとっていることと、成長見通しに優れた重要なグローバル市場、特に第二次、第三次市場にチームを展開していること、さらに宿泊客、顧客、オーナーの間で、手頃な価格帯で信頼性の高いグローバルホテルブランドに対する需要が高いことによります。スターウッドは今年、250番目の中級ホテルをオープンします。これら3つのブランドで、スターウッドのグローバル開発パイプラインの約3分の1、2013年に世界各地で開業予定のホテルの約45%を占めています。

 フォーポイントは、昨年、スターウッドの開業件数と契約件数の4分の1以上を占め、さらに2013年には175番目のホテルを開業するほか会社にとって史上最多の契約を締結し、全世界における成長の推進力とする予定です。アロフトもグローバル化の勢いに乗り、2013年には傘下ホテルを約30%拡大し、中国、北米、インドでの相次ぐ開業により、75番目のホテルをオープンする予定です。世界中で手頃な料金でデザイン重視のホテルに宿泊したいという需要が高まっていることが、同ブランドにとって利益となっています。アロフトはコンバージョンの拡大によって成長しており、今年はパナマ、マレーシア、トルコに進出します。エレメントは、この夏カナダに進出して米国以外の第一号ホテルを開業するのに続き、2014年にはヨーロッパに進出します。


<スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドInc.について>
 スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドInc.は、世界100カ国でおよそ1,128のホテル/リゾートを所有・運営する、総従業員数15万4千人のホテル・レジャー企業です。スターウッドホテルは、ホテル、リゾート、およびレジデンスのオーナー/運営会社/フランチャイザーとして、セントレジス(St. Regis)、ラグジュアリーコレクション(The Luxury Collection)、W、ウェスティン(Westin)、ル メリディアン(Le Meridien)、シェラトン(Sheraton)、フォーポイント・バイ・シェラトン(Four Point by Sheraton)、そして最新のアロフト(Aloft)とエレメント(Element)を含む人気ブランドを展開しています。同社が誇る業界屈指のロイヤルティプログラム、スターウッド プリファード ゲスト(SPGR)では、獲得したポイントを無料宿泊、ルームアップグレード、航空券などの特典に交換でき、ブラックアウト(特典除外日)なくご利用いただけます。また、スターウッドは、タイムシェアに基づく高級リゾートの開発と運営を手掛けるスターウッド バケーション オーナーシップInc.も所有しています。

詳細は http://www.starwoodhotels.com  および  http://www.starwoodhotelsjapan.com/jp をご覧ください。


(注:本プレスリリースには、米連邦証券法で定義されている「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述は、将来の成績や出来事を保証するものではなく、将来予想に関する記述が行われた時点で予想された内容と大きく異なる実際の結果や出来事を引き起こすリスクや不確実性、その他要因が生じる可能性があります。これらのリスクや不確実性については、米証券取引委員会に当社が提出した書類で詳述されています。当社では、このような将来予想に関する記述に含まれている期待は、妥当な前提条件に基づいていると考えていますが、当社の期待が達成される、または予想と大きく異なる結果や出来事は発生しないと保証することはできません。たとえ新しい情報が出たり、予想と異なる出来事が起きたりしても、当社は将来予想に関する記述を公に更新または改訂する義務を一切負いません。)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

シェラトン・マカオホテル,コタイセントラル

@Press

トピックスRSS

ランキング