ジャパンタイムズ、ニューヨークタイムズと提携合意 2013年10月より国内にて新聞発行開始

@Press / 2013年3月25日 17時0分

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 丈晴、以下 ジャパンタイムズ)は、New York Times Company(本社:米国ニューヨーク、代表:Arthur O. Sulzberger, Jr.)と国内での新聞発行において業務提携することに合意したことを発表致します。

本合意により、The Japan TimesとInternational New York Timesの紙面がセットとなり、日本市場において「The Japan Times/International New York Times」の名称で一つの商品として月曜から土曜まで発行、販売されることになります。本紙面は2013年10月16日(水)に発行開始予定です。


「The Japan Times/International New York Times」は二部構成になります。一部目は、現在の読者に親しまれている現行のThe Japan Timesのコンテンツをそのまま活かしたもので、従来どおりジャパンタイムズの東京本社及び大阪支社にて編集・作成されます。二部目は、The New York Timesのグローバル・ネットワーク及び幅広いリソースを活かしたコンテンツが、International New York Times(現名称:International Herald Tribune)の香港・ニューヨーク・パリ及びロンドンオフィスにて編集・作成されます。
また、「The Japan Times/International New York Times」の購読者はウェブサイトnytimes.com及びNew York Timesのスマートフォン(iPhone、Android、Windows(R) Phone)、タブレット(iPad)とPC用のアプリへのアクセスが無料で可能になります。なお、The Japan Timesのウェブサイトも今まで通りご利用いただけます。


【ジャパンタイムズ代表取締役社長 堤 丈晴によるコメント】
「本紙面提携は116年間の歴史を誇るThe Japan Timesにとって非常に重要なステップです。我々は従来通り、独立した新聞社として活動を続け、今後も日本で最も魅力のある英文ジャーナリズムを読者の方々に提供し続けます。The Japan TimesがInternational New York Timesと一緒になった形で発行されることで、世界で幅広く尊敬されているNew York Timesのグローバルエディションも読者の方々に楽しんでいただけるようになります。」

@Press

トピックスRSS

ランキング