茨城県 そば打ち実演を交えて常陸秋そばをPR ~茨城マルシェにて開催~

@Press / 2013年3月27日 13時30分

そば打ち実演 風景
今月3月26日、茨城県は“玄そば最高峰”との呼び声高きブランド蕎麦、「常陸秋そば」のPRを目的とした「常陸秋そばを食す会」を都内アンテナショップ、茨城マルシェにて行った。

都内では桜も咲き始め暖かさ感じるシーズンだが、それでも肌寒い今の季節に合わせたご当地グルメとして、会場では郷土料理「けんちんそば」が振舞われた。

また同会場にて、そば打ち有段者である本橋修二氏(64)によるそば打ち実演が行われ、1回のそば打ちで約15食分の蕎麦を仕上げる職人技を披露。本橋氏は、「鰹・鯖節の出汁に野菜の甘みを活かした県北ならではの食べ方、けんちんそばを是非味わって頂きたい」と話した。

常陸秋そばを含む“蕎麦”の収穫時期は毎年10月~11月頃である。地元地域でもこの時期から新そばとして、店舗に並びだし、常陸太田市では新そばを味わうことができるイベントが多数開催される。
“蕎麦”の持つ成分の一つ、「ルチン」は、主に柑橘類から採れるフラボノイドで、花粉症の炎症を緩和するといわれているため、花粉が飛び回る春の時期でも是非食して頂きたい食材としてPRした。


【茨城県・常陸秋そばについて】
茨城県内では、もともと、そば栽培が盛んで、幾つもの在来種があったが、安定した統一品種を作ろうと昭和53年に現在の常陸太田市(旧金砂郷町)の在来種から選抜し、殻粒の不良形質を淘汰し「常陸秋そば」という品種が誕生した。
「常陸秋そば」は、香りの高さと甘みに優れているのが特徴で、噛めば、ほどよいそばの甘みが口に広がり、質の高さを味わえる。
また、全国の有名そば店やそば職人から高い評価を受けており、「品質日本一」、「玄そばの最高峰」などと評されるほどになっており、茨城自慢のご当地食材の一つである。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング