通信用屋外小型基地局向け空調機発売のお知らせ~ 電源仕様:DC-48Vの新型クーラー ~

@Press / 2013年6月4日 10時0分

クーラー外観イメージ
GAC株式会社(本社:長野県安曇野市豊科1000番地)は、屋外に設置されている通信用小型基地局向け空調機の発売を2013年6月初旬に予定しております。


■開発の背景
従来はAC100VもしくはAC200V電源仕様のクーラーが主流でしたが、停電時にクーラーが稼動せず、基地局の熱トラブルによる安定通信が確保できない可能性があることが課題となっておりました。

電源仕様をDC化することで、停電時には直接バッテリーから電力供給が可能となり、AC電源に比べ信頼性が高まります。また、電源変換ロスや発熱量が小さく、省エネにも貢献できます。

今回発売する新型クーラーの主な特長は以下のとおりです。
※記載内容については当社独自の見解もあります。予めご了承ください。


■製品特長
【運転音48dB(A)の静かなクーラー】
夜間の都会の住宅街並みの静かさを実現しました。(基地局取付け実測値3面平均値)
住宅地への設置でもクーラーの運転音が気にならない低運転音モデルです。

【広範囲な運転可能外気温度 ~外気温度 -10℃~50℃に対応~】
冬でも発熱量が多い基地局内は高温となる場合があります。
クーラーが使用できる温度帯は-10℃~50℃と広範囲であり、年間を通じて通信インフラに最適な環境条件をご提供します。

【開発から製造までの一貫体制。空調機専門メーカーで培った信頼の技術力】
家庭用及び業務用空調機で培った技術を活かし、社会環境との共生を可能としています。

【大幅な軽量化を達成】
本体重量は、従来のAC電源クーラー(冷却能力1000W相当品)に比べ約40%減
・従来のAC電源クーラー(冷却能力1000W相当品)の重量:約45kg
・今回発売する新型クーラーの重量:約28kg


■開発機設計仕様
【環境】
電源       :DC-54V(-40~-59V)
使用場所     :国内一般屋外
使用温度範囲   :盤内  25~45℃/RH90%以下(結露なきこと)
          盤外 -10~50℃(RH90%以下)
設置・保管温度範囲:-20~60℃/RH90%以下(結露なきこと)

【性能】
冷却能力:1000W(600~1100W)
風量  :盤内  4.5m3/min
     盤外  4.0m3/min
消費電力:定格325W(最大560W)
運転電流:定格6.0A(最大10.5A)
運転音 :48dB(A)

【構造】
外形寸法:W430×H850×D220mm
質量  :28kg
冷媒  :R134a(280g)
保護等級:筐体取付け IP55(クーラー単体 IP24)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング