KLab、初の「Amazon Android アプリストア」向けゲームを提供開始

@Press / 2013年4月22日 15時0分

『Lord of the Dragons』ロゴ
KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田 哲弥、以下「KLab」)は、子会社KLab Global Pte. Ltd.を通じ、北米を含めたグローバルの「Amazon Android アプリストア」に向けて、『Lord of the Dragons』の配信を4月4日より提供開始しましたので、お知らせします。KLabが「Amazon Android アプリストア」へゲームを提供するのは初めてとなります。


タブレット端末のゲームには、以下のような特性があります。

●タブレット端末向けのゲームは、スマートフォン端末より、課金率や課金額、有料アプリ利用率が高くなる傾向がある(出典:2012 PopCap“Games Mobile Gaming Research”、インターネットメディア総合研究所“タブレット端末利用動向調査報告書2012”)
●タブレット端末でのゲームでは、スマートフォン端末と比べてセッションの長さが2倍となっている(出典:The Flurry Blog)
●タブレット端末は、スマートフォン端末と比べて、ゲームのために利用している割合が高い(出典:The Flurry Blog)
●2012年11月時点で、米国に住む成人のタブレット端末所有率は25%にのぼる(出典:Pew Research Center“The Future Of Mobile”)

加えて、Amazonでは、プラットフォームの特性上クレジットカード登録率が高く、有料で書籍を買うユーザーが多いため、課金率やARPU(Average Revenue Per User、顧客一人当たりの売上)が他のタブレットより高いという特性があります。(出典:TinyCo Blog)


KLabでは、初のタブレット端末向けゲームとして、2012年11月13日より『Lord of the Dragons』iPad版の提供を開始しています。『Lord of the Dragons』は、2013年3月16日(日本時間)に日米で売上ランキング同時TOP10を獲得しました。iPhoneやiPadで実績のあるゲームを、「Amazon Android アプリストア」に向けて提供することで、より多くのユーザーに遊んでもらえると考えています。

KLabではマーケットの大きさに応じ、スマートフォンゲームのみならず、タブレットを含む多プラットフォームで独自性あふれるゲームを提供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング