農業分野向けクラウドサービス「AgriSUITE」の提供開始

@Press / 2013年4月22日 17時0分

AgriSUITE全体イメージ図
 株式会社日立ソリューションズ東日本(本社:宮城県仙台市、取締役社長:森 悦郎)は、このたび、農業分野において販売と生産の情報をWeb環境で一元管理し、農業法人等の生産者や販売・物流を行う販売者間で情報共有が可能なクラウドサービス「農業版 販売・生産連携プラットフォーム『AgriSUITE(アグリスイート)』」の提供を開始しました。

 日立ソリューションズ東日本は、製造・流通分野で長年培ってきたサプライチェーン管理技術をベースに、「AgriSUITE」を開発し、2012年2月より試行を行ってまいりました。
 また、2012年7月には、経済産業省による平成24年度地域新成長産業創出促進事業(先端農業産業化システム実証事業(先端技術活用システム実証事業))の交付決定を受け、農業の新高収益モデルの確立を目的とした農商工連携体での販売/生産管理クラウドサービスの実証実験を、宮城県東松島市の株式会社石巻青果を実証フィールドとして、2012年7月~2013年3月に実施しました。

 実証実験では、農商工関係者が情報を共有できるクラウド環境の構築や直観的かつ短時間で必要な生産情報が登録できるタブレット端末を活用した現場入力の実施に加え、日持ちがしない、生育が天候に左右されるといった農産物の特性を考慮した「需要予測/販売計画/生産計画/生育予測」情報の共有を実現し、地域内の生産者と販売者をつなぐサプライチェーン情報共有基盤の整備を行いました。
 実証実験を通じて実現した「生産者と販売者間の効率的な情報共有」「生産者が生産現場からタブレット端末により情報発信を行える環境」をクラウドサービスとして提供します。

 「AgriSUITE」を利用することで、販売者は、タイムリーに生産見通しや出荷状況が見えるようになるため、消費者の需要を考慮した販売計画や、需要変動に合わせた出荷計画の調整ができ、「需要と連動した適切な生産計画の立案」を実現できます。また、日々の生産状況、生育予測などの様々な情報を出力・登録できるため、市場が変化する中でも的確な生産指示、効率的な土地利用などが可能です。さらに、「AgriSUITE」の情報は、複数の生産者、流通・小売関係者、支援機関の間で共有できるため、それぞれの立場での業務効率向上と全体の経営改善につながります。

 「AgriSUITE」は現在、石巻青果および関連する生産者でご利用をいただいております。今後はさらに、東北および全国の農業法人の導入を増やすと同時に、お客様のニーズに合わせた機能の改善、ユーザービリティ・アクセシビリティの向上等を図ってまいります。
 尚、「AgriSUITE」の事業規模としましては、2015年度までに「AgriSUITE」単体で累計3億円の売り上げを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング