「幻の高級魚」マハタの“忘年会シーズン限定”コース「個室会席 北大路 品川茶寮」で11月5日(火)より開始

@Press / 2013年11月5日 11時0分

料理イメージ
株式会社TORAYA(本社:愛媛県宇和島市、代表取締役社長:大塚 正徳)は、大東企業株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:北尾 拓也)が運営する「個室会席 北大路 品川茶寮」(東京港区)に、愛媛県で養殖された「幻の高級魚 マハタ」を産地より直送します。「個室会席 北大路 品川茶寮」では、そのマハタを贅沢に使った“忘年会シーズン限定”コースを提供いたします。

「個室会席 北大路 品川茶寮」: http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13141793/


■築地市場でも希少な「幻の高級魚 マハタ」を限定コースでご提供
マハタは市場での流通量も少ないことから、「幻の高級魚」と呼ばれています。身質は同じハタ科のクエに近く、透き通るような綺麗な白身で、プリプリとした独特の食感があります。また美肌効果があると言われるコラーゲンを多く含む肉質です。熱を通しても身崩れしないため、鍋物等の食材としても適しています。

<コース料理>
マハタをお造り、和え物、お寿司、鍋、雑炊という様々な料理で満喫して頂けます。都内の飲食店でも見かけることのない、珍しい高級魚を1年の締め括りに贅沢な忘年会メニューとしてご提案いたします。

【マハタを使った全八品】
料金 お一人様 ¥10,000(税抜)
※別途サービス料10%・個室料5%を頂戴いたします。

先付 :ハタと根三つ葉の和えもの 出汁ジュレ掛け
前菜 :ハタ寿司、牡蠣時雨煮、蟹と大豆麸の蕎麦の実あんかけ
    子持ち昆布、栗渋皮煮、石川小芋胡麻まぶし、慈姑煎餅
お造り:ハタの薄造り、鮪、赤貝
台物 :ハタ鍋[個別]
肉物 :黒毛和牛ステーキ
揚物 :鯊アーモンド揚げ、海老蓑揚げ
食事 :ハタ雑炊
水菓子:季節の水菓子


【マハタ(真羽太)】
魚類  :ハタ科
生産海域:愛媛県 宇和海


■愛媛県での「マハタ」養殖背景
愛媛県では生産量日本一の「真鯛」等の価格低迷から、現在マハタの養殖、販売に力を入れています。マハタの養殖はこれまでにも日本各地で行われてきましたが、稚魚飼育の困難さや生存率の低さなどから、なかなか普及には至りませんでした。愛媛県では、愛媛県水産研究センターが2006年に稚魚の生産に成功、2009年頃より本格的に県内での養殖が始まりました。愛媛県水産研究センターや愛媛大学、愛媛県内の養殖業者等が中心となり安定的な生産と販路の拡大に邁進しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング