BSIジャパン、ISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を株式会社野毛印刷社に実施

@Press / 2013年11月26日 11時0分

野毛印刷社様
 BSIグループジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、株式会社野毛印刷社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:森下 治、以下 野毛印刷社)へISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を実施しました(認証登録日:2013年9月25日)。
 野毛印刷社は、水なし印刷を中心とした様々な環境対応の印刷関連サービスを手掛けています。野毛印刷社ではこのたび、業務で取り扱うあらゆる情報の機密性、完全性、可用性を確保する為に、ISO 27001情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築・運用し、BSIジャパンからISMS認証を取得しました。


 ISO 27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者の信頼を得られるセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格です。ISO 27001を導入して構築・運用することにより、組織は、情報漏えいや不正アクセスといった会社に損害を与えうる情報リスクと脅威に対処・管理して、情報セキュリティを継続的に向上させる事ができるようになります。また、組織のブランド力・評判の強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼の確保にも大きく役立ちます。


■株式会社野毛印刷社 代表取締役社長 森下 治様からのコメント
◆ISO 27001認証取得の目的
 「たいせつなものを、もっとたいせつに。」当社のホームページの一番上に載せている言葉です。当社では印刷物を作るだけではなく、お客様が伝えたい・残したい情報をたいせつにすることに取り組んでいます。その一つとしてお預かりした原稿・データなどを紛失・漏洩・棄損はもとより、もっとたいせつにしたいという思いからきちんとしたルールを作り、日々の活動から常に改善できる会社なれるようISO 27001取得にチャレンジしようと思いました。

◆ISO 27001認証取得にBSIを選んでいただいた理由
 2000年にISO 9001、2004年にISO 14001とBSI様にて取得し更新してきました。審査にて改善ポイントを明確に示していただけること、また普段あたりまえのこととして取り組んでいることがグットポイントとして評価され、改めて自分達の取り組みを見直す良い機会となっている点があります。

◆ISO 27001の構築・認証で良かった点
 近年新聞やテレビで情報漏えいのニュースを目にする機会が増えてきています、当社でも取り扱う情報のたいせつさを改めて考える機会となりました。インターネットの普及により便利に多くの情報が取り扱われる時代になりましたが、リスクも増大し情報一つ一つが当社だけではなくお客様の経営にも多大な影響を与えるほど重大なこととして認識することができました。

@Press

トピックスRSS

ランキング