「ふくしまから はじめよう。」 11月のトピックス~県内外の人々が参加・交流する情報発信プラットフォーム~

@Press / 2013年11月28日 14時0分

福島梨×氷結コラボ缶
 福島県庁 広報課(知事:佐藤 雄平)では、「ふくしまから はじめよう。」のスローガンの下で、県内外の人々が参加・交流する情報発信のプラットフォームとして、フェイスブックを中心に各部局が連携を図り一体感を持ってふくしまの「魅力」と「今」を国内外に発信しています。

 「ふくしまから はじめよう」フェイスブックページでは、2012年6月18日の公開から現在に至るまで、職員の顔が見える発信を実践、県内外の方との交流を通じて、食や観光、旬の話題など、ふくしまの「魅力」と「今」を伝える活動に取り組んでいます。2013年11月27日現在の「いいね!」34,873。(都道府県庁公式フェイスブックではトップの「いいね!」数(キャラクターを除く)。)

-「ふくしまから はじめよう。」フェイスブックページ トピックス-

■福島梨と「キリン氷結」がコラボ。全国スーパー、コンビニにて期間限定で販売中。

 11月5日(火)から、福島産の梨を使用した「キリン氷結 和梨」が全国販売されています。
この商品は、キリングループの「復興応援 キリン絆プロジェクト」の一環として、福島県の農業を応援することや福島の元気とおいしさをお伝えしたいとの思いから商品化されました。
 全国スーパー、コンビニエンスストアで販売中です。期間限定ですので是非この機会にお買い求め下さい。

■極太もちもちの美味を伝える為に、浪江焼麺太国(なみえやきそばたいこく)」の太王(だいおう)が来庁。

 先日、愛知県豊川市で行われたB-1グランプリで「ゴールドグランプリ」を獲得した「浪江焼麺太国(なみえやきそばたいこく)」の太王(だいおう)が来庁しました。
 「なみえ焼そば」とは、極太麺と豚肉・もやしをうまみたっぷりのソースで炒めた濃厚な味と、もちもちとした食感が特徴の焼きそばです。この焼きそばを通して「福島県浪江町」を伝える活動を行ってきた浪江焼麺太国の皆さんは、震災以降この活動で仲間と会えることが力となり支えとなったそうです。
 最後に、太王の決めポーズ「多くの方に浪江町の仲間(一味)になって欲しい」というメッセージを込めた『君も、一味だ!』で締めくくりました。


■夢であふれるふくしまの子供たちのイラストをつなぎ併せました。
『ふくしま夢つながるプロジェクト』動画配信中。

 「ふくしま夢つながるプロジェクト」の動画を配信中です。
上記プロジェクトは、イラストレーター一組(いちくみ)さんご協力の下、子どもたちが塗りあげた「夢・希望・未来のふくしま」の絵をつなげてできたパラパラ漫画のことを指します。     
 子どもたちが描く未来のふくしまは、とてもカラフルで笑顔がいっぱい。塗り絵を楽しむ子どもたちの様子と、「夢」や「未来」がたくさん詰まったアニメーションを、ぜひご覧ください。
http://goo.gl/YuzvBc

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング