BMX、SKATE BOARD、STREET DANCEのトップアスリートが熱い闘いを繰り広げた 30th ANNIVERSARY G-SHOCK SHOCK THE WORLD 2013 「REAL TOUGHNESS TOKYO」キング・オブ・タフネスが決定!!

@Press / 2013年12月10日 13時30分

優勝者
 2011年、2012年に六本木で開催され大盛況だった「REAL TOUGHNESS TOKYO」が、2013年12月8日 東京ドームシティホールに場所を移しBMX、SKATE BOARD、STREET DANCEのトップアスリートが熱い闘いを繰り広げられ、当日、会場は超満員になる大盛況のイベントとなった。
http://g-shock.jp/rt/

 今回の『REAL TOUGHNESS TOKYO』は、2011年からスタートした『REAL TOUGHNESS』3年間の集大成であるとともに、世界各地で開催されたG-SHOCK30周年イベントの最終章とあって、各出場者はこれまで以上に熱いパフォーマンスを決め、その度に観客からは大きな歓声が起こり、会場中が一体となっていた。
 1983年以来、30年間、“タフネス”をいう信念を貫き通し、ストリートシーンを中心としたタフなアスリート達に受け入れられてきたG-SHOCKを体現するイベント各競技の優勝者は、以下の通りだ。

■優勝者
・BMX FLATLAND BATTLE
 Matthias Dandois
・BMX STREET JAM
 勅使川原 大地
・SKATEBOARD STAIR & RAIL JAM
 瀬尻 稜
・SKATEBOARD PROSHOP BATTLE
 VHS MAG SELECTED
・BREAK DANCE 2on2 BATTLE
 WING & SKIM
・HIPHOP DANCE 2on2 BATTLE
 I-CEE&FABRICE

 なお、優勝者には特別プリントが施されたG-SHOCK「RANGEMAN」が手渡された。このRANGEMANは、極限状態での使用を想定した「Master of G」シリーズに今冬、新たに加わり、G-SHOCKのシリーズの中でもタフを極めたモデル。まさに、キング・オブ・タフネスである優勝者に相応しいアイテムだ。

<優勝賞品のRANGEMAN>
http://www.atpress.ne.jp/releases/41442/b_2.jpg


【SKATEBOARD STAIR & RAIL JAM 瀬尻選手のコメント】
「大会3連覇嬉しいです。準決勝で転んで頭を打ってしまい心配していたのですが、決勝では自分の滑りがしっかりとだせたので良かったです。応援ありがとうございます!」


 競技の他には、G-SHOCKのテーマに沿ったLIVE SHOWCASE(出演:DABO_RYUZO_ANARCHY + DARUMA JOMMY feat. BIGDOGSS、HIFANA + KIREEK、AKLO)やSCRATCH SHOWCASE(出演:DJ IZOH from SUPER SONICS)、FREESTYLE FOOTBALL SHOWCASE(出演:Skills Air[TOKURA + HIROKI]、DANCE SHOWCASE(出演:Kanamyw、まりぽん[G2BeasT]、Blaqueneez)などやDOUBLE DUTCH SHOWCASE(出演:CAPLIORE)やHUMAN BEATBOX SHOWCASE(出演:FOLK:LORE)など内容も盛りだくさんで、さまざまなストリートカルチャーのファンが年齢を問わず楽しめる一日となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング