日本発の情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE」中間報告 5つの講演が決定、実行委員会も同時に正式発表

@Press / 2013年12月11日 9時30分

 2014年2月17日(月)、18日(火)に開催される世界トップクラスの情報セキュリティ専門家による国際会議CODE BLUE(主催:CODE BLUE実行委員会)は、採択した5つの講演を中間報告として発表します。同時にCODE BLUE実行委員会のメンバーを正式に発表します。


◆CFP 中間報告:5つの講演内容が決定
 先月発表された2つの基調講演に加え、下記の5つの講演内容が決定しました。各講演の詳細は、公式サイトにて随時発表します。尚、現在まで応募いただいた発表論文も審査を続け、新たな応募も引き続き日本語・英語にて受け付けます。

(1) Remote Linux Exploit のトリック集
  by スクハー・リー(suk-ha Lee)(wh1ant)
セキュリティの強化された最新版の現在のLinuxOSの保護機能を迂回し、リモートからの攻撃を成功させる方法と対策について詳細に説明する。

(2) ハードディスクのディザスタリカバリとファームウェア改竄攻撃への対応策
  by シモガイト・ダイ(Dai Shimogaito)
自然災害や人為的措置によりストレージデバイスとしての機能を失ってしまったHDDから高いレベルでデータを復旧するための事前対策と事後対策について紹介。ハードウェアレベルではファームウェア改ざん攻撃について説明した上で、ソフトウェアレベルでの災害復旧について解説する。

(3) o-checker:悪性文書ファイル検知ツール~ファイルサイズからにじみ出る悪意(仮)
  by 大坪 雄平(Yuuhei Ootsubo)
標的型メール攻撃対策として従来の不正なコードの検知技術ではない、ファイルフォーマットに着目した構造解析のアプローチを紹介する。ファイルサイズだけでマルウェア検知が可能になった実態や、不正なコードの中身に依存しない汎用的な検知方法を実装したo-checkerについて解説する。

(4) Intel Management Engineの秘密
  by イゴール・スコチンスキー(Igor Skochinsky)
最近のすべてのIntelのマザーボードのチップセットに組み込まれた専用マイクロコントローラであるIntel Management Engine(ME)はシステム電源がオフの場合でもメインCPUから独立して動作しネットワークインターフェースへの専用接続を持っている。その構造分析と攻撃を受ける可能性および対策について解説。

@Press

トピックスRSS

ランキング