転職理由も景況感を反映、より良い給与待遇が理由前年同期比で雇用者都合での転職は約10ポイント減少の21.3%

@Press / 2014年1月15日 16時30分

過去6カ月間の転職理由(グラフ)
ランスタッドは、労働者の意識を調査する「ランスタッド・ワークモニター2013年第4四半期」の調査結果を発表しました。「ランスタッド・ワークモニター」は年4回、18~65歳の週24時間以上働く方を対象に実施される調査です。2013年第4四半期の調査では、アベノミクスによる景気回復を反映し、労働者がより良い給与待遇を求めて、積極的に転職をしていることが明らかになりました。

ランスタッド・ワークモニター 労働意識調査=====================================

2013第4四半期 国内まとめ
○ 世界平均を大幅に上回る、景気期待感の伸び(国内15.4ポイント、海外2ポイント) 
○ 前年同期調査と比較し、雇用者都合での転職が約10ポイント低下
○ 約5割の転職者がより良い待遇を、2割超がキャリアアップを目的とした前向きな転職


調査結果 概要===================================================

○ 雇用に対する期待感の高まり、「2014年の景気改善」の回答は4割と大幅改善
 調査の結果、「国内の景気が2014年に改善する」との回答が日本では40%と、前年同期比と比較し15.4ポイント増加した。世界平均の49%には劣るものの、伸び率は世界平均の2ポイント増を大幅に上回り、アベノミクスの影響が労働者意識にも浸透し始めていることを示している。

○ 前年同期比と比較し、雇用者都合での転職が10ポイント低下、前向きな転職理由増加
 また、過去6カ月以内に転職をした回答者の内、雇用者都合での転職を余儀なくされたそうは前年同期比と比較し約10ポイント低下した一方、より良い待遇、またキャリアアップを求めての前向きな理由で転職を行っていることが明らかになった。


ランスタッド株式会社 代表締役会長兼CEO マルセル・ウィガースのコメント======================

 今回の調査からは、労働者の意識が楽観的な景気予測に刺激され、転職へ積極的に動き出してきている様子が伺える。特に動きが活発なのが、これまでの停滞期に転職を控えてきたハイパフォーマーで、年度末に向けてさらにこの動きは加速が見込まれる。業績賞与や昇給、キャリア開発の機会等、アベノミクスの本格的な影響が表れる前に、社員の能力開発や評価の適正化に着手することが求められている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング