家庭で本格的な水耕栽培が楽しめる「Green Farm」からコンパクトモデル「Green Farm Cube」と3段タイプのグランモデル「Green Farm TRI-TOWER(トライタワー)」の2機種が新発売

@Press / 2014年2月26日 11時0分

GreenFarm_image
株式会社ユーイング(大阪:代表取締役社長 深田 芳彦)は、室内で野菜の水耕栽培が楽しめる家庭用水耕栽培器「Green Farm」の姉妹品、「Green Farm Cube」と「Green Farm TRI-TOWER」の2機種を新たに発売します。
“リビングに、畑を置こう。”というキャッチフレーズのもと、ライフスタイルに合わせて選べるコンパクト・スタンダード・グランモデルの3タイプをご用意。リビングで野菜を育て、野菜を愛(め)で、さらに食を楽しむという「新習慣」の提案で、生活をより豊かに広げてゆきます。


■新製品概要
品名    :水耕栽培器「Green Farm Cube(グリーンファーム キューブ)」
型名    :UH-CB01G
サイズ   :幅225×奥行225×高さ285.5mm
カラー   :ホワイト、レッド、グリーン

品名    :水耕栽培器「Green Farm TRI-TOWER(グリーンファーム トライタワー)」
型名    :UH-TT100G
サイズ   :幅515×奥行367×高さ1152mm
カラー   :ブラック

希望小売価格:オープン
発売日   :3月4日
月産台数  :「Green Farm Cube」3,000台
       「Green Farm TRI-TOWER」500台

「Green Farm」ラインナップの詳しい情報は http://www.greenfarm.uing.u-tc.co.jp


■ラインナップ紹介
・Green Farm Cube(グリーンファーム キューブ)
「私の小さな野菜畑。」かわいい畑でお部屋に彩りを。選べる3つのカラー&インテリア感覚で野菜を楽しむ、自分スタイルのコンパクトモデル。

・Green Farm TRI-TOWER(グリーンファーム トライタワー)
「どっさり穫れる三段畑。」安心の自家栽培をこころゆくまで。ミニトマトもしっかり育てられる、大容量&多品種育成のグランモデル。


■主な特長
清潔に野菜が栽培できる半密閉構造のケースに、育てたい種子と水・液体肥料・栽培スポンジをセットし、運転ボタンを押すだけの簡単操作。日光の代わりとなる省電力の白色LED照明とケース内に新鮮な空気を取り入れるファンを搭載し、毎日水やりをしなくてもおいしい野菜が約30日で育てられます。
*電気代は1日あたり、Green Farm Cube 約6.2円、Green Farm TRI-TOWER 約25.7円。(タイマー運転:1日16時間設定、TRI-TOWERは発芽モード設定の場合。電気代は目安単価(1kWh=22円)で計算。)


■栽培できる野菜について
レタスやルッコラ、スイートバジル、ミニトマトなど、合計23種類の野菜をご用意しています。
・レタス・葉もの野菜系(10種類)
・ベビーリーフ系(7種類)
・ハーブ系(5種類)
・ミニトマト(1種類)*
*Green Farm TRI-TOWER最上段での育成専用です。また種まきから収穫まで、約3ヶ月かかります。


■種子の購入方法
<初回分のお試し種子キット(本体に同梱)>
Green Farm Cube   :種子(スイートバジル)、液体肥料、栽培スポンジ
Green Farm TRI-TOWER:種子(鈴っ子トマト・スイートバジル・レタス(ジェンティリナグリーン))、液体肥料、栽培スポンジ、計量カップ

2回目からは、別売の種子キットをオンラインショップ( http://store.greenfarm.uing.u-tc.co.jp/ )または同梱のお申し込みハガキでご注文ください。


■会社概要
社名  :株式会社ユーイング
設立  :2006年3月31日
資本金 :8,000万円
代表者 :代表取締役社長 深田 芳彦
事業内容:家庭用電気機器・FA機器を自社で企画・デザインして、製品開発から製造まで行い、自社ブランド販売を行っています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

GreenFarm_lineup GreenFarm_Cube GreenFarm_TRI-TOWER

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング