世界第1位の屋外広告会社 ジェーシードゥコー、2013年通期売上を発表

@Press / 2014年1月31日 10時30分

世界第1位の屋外広告会社であるジェーシードゥコー(フランス)は、2013年の売上を発表しました。

報告書によると、2013年の売上は2012年の26億2,280万ユーロと比較して2.0%増加し、26億7,620万ユーロ。外国為替の変動(特に途上国市場の通貨危機)による著しい悪影響と、環境の変化によるポジティブな影響を除けば売上は1.2%の上昇となりました。

有機成長は主にストリートファニチャー部門の貢献によるもので、多くの欧州市場における根本的な改善を反映し下期の順調な成長を示しています。交通部門の2013年の有機成長率はわずかに留まりましたが、主な原因は前年のオリンピックの影響および2012年末に幾つかの契約を失ったことです。ビルボード部門も2013年を通して困難な年となりました。

第4四半期の売上は2012年の7億4,660万ユーロと比べ4.6%増加し7億8,110万ユーロとなりました。外国為替の変動等を除けば有機成長は4.5%増加し、12月の売上が高かったため11月時点での見通し数値を上回りました。


ジェーシードゥコー経営会議議長・共同CEOジャンフランソワ・ドゥコーのコメント:
「ジェーシードゥコーは、欧州での危機後、後半の弱い経済回復の中、26億7,620万ユーロという記録的な売上を記録しました。不透明で引き続き不安定な市場において、ストリートファニチャー部門の回復により、2013年後半は欧州事業の中にプラスの兆候を幾つか見ることが出来ました。さらに中国では3四半期の低成長の後、第4四半期に交通部門で良い業績を上げることが出来ました。交通部門は急成長する市場で強いポジションに位置しており、売上はグループ全体の32%を占めています。また全体の売上の7%を占めるデジタル部門の有機成長は大変勢いがあり、高品質で厳選された展開を行う戦略の成功を反映し、2013年は18%の増収をもたらしました。

2013年はまた、ドバイ空港の新しいDコンコースだけでなく、パリのバスシェルター、ロサンゼルスとボストンの空港を含む幾つかの最重要契約を獲得、更新した年でもありました。最近ではサンパウロに広告付き時計を設置し、またユーメックス社の株式の85%を獲得する予定です。これらの施策により当社は、急成長が見込まれるラテンアメリカの屋外広告市場におけるリーダーとなります。

通常通り3月6日に2013年の通年業績を発表する際に、今年の第1四半期の見通しをお知らせします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング