ジャパンネット「新暗号方式対応・認定認証サービス」開始 ~ICカードに加えてUSBメモリでの提供を開始~

@Press / 2014年2月12日 10時0分

サービス提供イメージ(カテゴリーA・B)
 三菱電機グループの電子認証サービス会社であるジャパンネット株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:角野 章之)は、新暗号方式に対応した認定認証サービス「DIACERT(ダイヤサート)」について、電子署名法に基づく特定認証業務として、2014年2月6日に国の認定を取得し、新たにサービスを開始しますのでお知らせ致します。

■新サービスの概要
 「DIACERTサービス」とは、「電子署名法」に基づく特定認証業務として、国の認定を取得した電子証明書発行サービスです。政府の推進する認証局の新暗号方式にいち早く対応致しました。
「DIACERTサービス」とは電子入札に使用するICカードに格納した電子証明書発行サービス(カテゴリーC)のほかに、年々拡大している電子商取引市場に対応して、USBメモリに格納したファイル形式での電子証明書発行サービス(カテゴリーA・B)から構成されています。
 カテゴリーA・Bは、2014年2月12日より提供を開始し、e-文書法に対応したアプリケーションやASPサービス向けに提供します。
 カテゴリーA・Bは中央省庁や地方自治体の「電子申請・届出システム」、「電子申告・納税システム」や「電子出願システム」にて利用できますが、利用可能となる時期は、DIACERT認証局と政府認証基盤との相互認証後となるため、2014年10月からの予定です。
 電子入札用証明書(カテゴリーC:ICカード)は、2014年10月から提供開始の予定です。
※カテゴリーA・Bは電子入札システムでは利用することができません。


■新サービスの特長
1.特定認証業務として国の認定を受けたサービス
「電子署名法」に基づく特定認証業務として、国の認定を受けた電子証明書発行サービスです。e-文書法に基づく保存義務のある文書の電子化や電子契約などに必要となる電子署名を施す際に利用することができます。

2.政府の推進する新暗号方式への対応
セキュリティー強化のため、暗号鍵長を現行サービスで使用されている1024bitから2048bitへ拡張するとともに、暗号アルゴリズムをSHA-1及びRSA1024から、より安全な暗号アルゴリズム(SHA-2及びRSA2048)に変更致します。

3.ファイル形式(USBメモリ格納)の電子証明書の提供
(1)USBメモリに格納したファイル形式で電子証明書を提供することにより、ICカードでは利用のための環境整備にコストが掛かる電子契約/電子保存/電子署名などの各種アプリケーションでの利用が手軽にできるようになり、クラウド時代に対応したソリューションサービスでの利用を促進し易くなります。

@Press

トピックスRSS

ランキング