フランス総合眼鏡メーカー、エシロールがカナダ、バンクーバーのコンタクト・メガネの通販会社、コースタルコンタクトを買収

@Press / 2014年3月17日 15時30分

CEO ロジャーハーディー
カナダ、バンクーバーに拠点を置くメガネとコンタクトレンズの通販会社、コースタルコンタクトがフランスのエシロール インターナショナルに4.3億カナダドル(約398億円)で買収されることを発表しました。


世界最大の総合眼鏡メーカー、エシロール インターナショナルは、コースタルコンタクトの株式を1株当たり$12.45(約1,153円)で購入することを提案。
株主はエシロール インターナショナルの提案を満場一致で支持したため、今回の合意となりました。
株主と規制機関からの承認が受領された90日後に契約が締結される予定です。

2月27日、TSX(トロント証券取引所)で、コースタルの株価は20%高の$12.49(約1,156円)で終了。エシロールの提案する買収株価は、木曜の発表前3ヶ月間の出来高加重平均価格の$8.73(約807円)を大きく上回ることとなりました。


コースタルの創立者でありCEOのロジャー ハーディーは、「顧客のニーズ、イノベーション、成長に重きを置く」コースタルのビジョンを共有するエシロールを称え次のように述べています。
「この2社が連携することにより、株主への潤沢な支払いと、コースタルのゴール達成が可能になりました。この合併は、コースタルとその社員、また、株主にとって最良の決定だったと自負しています。」

また、ロジャー ハーディーは、コースタルのことを以下のように述べています。
「コースタルは、顧客のニーズに重きを置き、絶えずサービス内容の改善に力を注ぐことで、質の高い顧客サービスを可能にしました。スムーズに出荷対応できるよう、2千万個以上のコンタクトレンズを在庫に常時揃えています。」


<エシロール インターナショナルについて>
エシロール インターナショナルはフランスの総合眼鏡メーカーで、バリラックス(Varilux)やCrizal、コダック(Kodak)、フォスターグランツ(Foster Grant)など眼鏡レンズ製品を展開しています。その他にも精密光学分野の研究開発、製造にもサービスを提供しています。


<コースタルコンタクト Inc.について>
コースタルコンタクトは、2000年に設立。
コンタクトレンズやメガネ、サングラス、アイケア用品を取り扱うオンラインの直販会社で、カナダやアメリカ、スウェーデン、ノルウェイ、日本など世界市場で事業を展開しています。
現在までに年間約1.65億個のコンタクトを約500万人の顧客(コンタクトレンズとメガネを含む)に提供し、売上規模で世界第2位、ヨーロッパ市場では第1位。
さらに、昨年からカナダ、バンクーバーやトロントに実店舗をオープンしています。
代表者は、ブリティッシュコロンビア州の前財務官、ゲイリー コリンズ。
カナダ、バンクーバーに約400名、アメリカ、ブレインに約80名、スウェーデンに約200名、オーストラリア、ニュージーランドにもオフィスがあり、全体で約750名の従業員を抱えています。

○日本語運営サイト
コンタクトさん : http://www.contactsan.com
安いレンズ   : http://www.yasuilens.com
マックスレンズ : http://www.maxlens.com
コースタルレンズ: http://www.coastallens.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

CEO ロジャーハーディー

@Press

トピックスRSS

ランキング