笑いと感動の物語で、お金と仕事の本質がよくわかる!『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』を発売

@Press / 2014年4月2日 11時15分

『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』
株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2014年4月3日(木)本田健著『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』(PHP文庫)を発売します。

■「お金が紙くずになるXデーに備えよ!」

『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』などのベストセラーで知られ、著作累計580万部を突破した本田健氏。作家デビュー10周年の記念作である初のビジネス寓話が、このたび文庫化されます。本書『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』の舞台は、かつて炭鉱で栄えたカネー村。村のゾウたちは、静かに幸せに暮らしていました。そこに降って湧いた投資話。預けたお金が2倍3倍になるという“ヘッジホント”に多くの人(ゾウ)が手を出し、村中がバブルに沸きます。しかし、“キリギリシャ国”の財政破綻をきっかけに世界中の株価が暴落し、村の銀行からもお金が消えてしまって…というストーリー。

リーマン・ショック直後の世界経済をイメージさせますが、これは単なる過去の話ではありません。ウクライナ問題によるロシアへの経済制裁、消えたビットコイン、中国経済の後退など、世界経済のリスクは、まだまだ現在進行中だと言えるでしょう。「これからお金とどうつきあうべきか?」「仕事の本質とは何か?」じっくり考えるきっかけとなる一冊です。

------------------------------------------

『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76175-6
定価:本体600円(税別)
文庫判並製/240ページ
ISBN978-4-569-76175-6

------------------------------------------
【Profile】
本田健 (ほんだ・けん)
神戸生まれ。経営コンサルティング会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」。 独自の経営アドバイスで、今までに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。 娘の誕生をきっかけに、30代前半で育児セミリタイヤ生活を開始。現在は「お金と幸せ」をテーマに、セミナーや講演会などを不定期に行っている。自身のお金の哲学をまとめた『お金の通信コース』は、全国12,000名以上が受講。『20代にしておきたい17のこと』(大和書房)などの著書シリーズは全てベストセラーとなっており、累計発行部数は580万部を突破。累計1,100万ダウンロード突破の無料インターネットラジオ『本田健の人生相談~Dear Ken~』も好評配信中。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この本に登場するキャラクターたち

@Press

トピックスRSS

ランキング