第1回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」(商標出願中) リリース

@Press / 2014年4月1日 14時45分

図1
一般社団法人日本雑誌協会(理事長 石崎孟)及び一般社団法人日本雑誌広告協会(理事長 高橋基陽)は、株式会社ビデオリサーチ(社長 秋山創一)の協力のもと、2013年10月に「雑誌広告効果測定調査」を実施し、このたび その結果がまとまりましたので、お知らせいたします。
この調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用できる客観的な基準値を整備、蓄積することを目的とし、各出版社からの雑誌エントリーと、広告会社(電通、博報堂DYメディアパートナーズ、アサツーディ・ケイ)、およびビデオリサーチの出資による共同調査として実施されたものです。
調査データを通じて、雑誌広告の真の価値をお伝えしたいという思いを込めて
「M-VALUE(エム・バリュー)」【商標出願中】と名付けました。
第1回目となる今回は、19出版社33誌、合計627素材の広告を対象に調査が行われました。

【平均値による結果トピックス】
◆雑誌広告の注目率の平均は、50.2%
雑誌読者のうち、掲載された広告に「注目」した(詳しく読んだ+確かに見た)人の割合を示す「広告注目率」は、33誌627素材平均で50.2%でした。【図1】

【図1:広告注目率(読者のうち、掲載広告を「詳しく読んだ」+「確かに見た」人の割合)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/44996/img_44996_1.jpg

◆雑誌広告を見ての心理変容
広告に注目した読者の64.3%が広告商品・サービスに「興味関心」を抱き、50.2%が「購入・利用意向」を示しています。
また、広告注目者のうち、「もっと詳しく知りたい」気持ちを起こす読者は24.5%、「来店意向」を示す読者は18.8%となっています。【図2】

【図2:雑誌広告を見ての心理変容(いずれも広告注目者ベース)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/44996/img_44996_2.jpg

◆「純広告」「記事広告・タイアップ広告」が伝えることのちがい
「純広告」「記事広告・タイアップ広告」の種類別に、広告を見ての感想を比較すると、登場人物やキャッチの印象付け、高級感の訴求など、インパクト面では「純広告」が、機能・性能理解や親しみ感の醸成など、商品サービスと読者との距離感を示す項目では「記事広告・タイアップ広告」が、他方を上回っています。【図3】

【図3:「純広告」「記事広告・タイアップ広告」を見ての感想のちがい(広告注目者ベース)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/44996/img_44996_3.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/44996/img_44996_4.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング