第4回 日本数学オープン、小6と社会人の混成チームが優勝~ 社会人チームが完敗!“らまぬじゃん”チームが団結力で勝利 ~

@Press / 2014年5月15日 14時0分

日本数学オープン イメージ
公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)が全面協力しました、「第4回 日本数学オープン(社会人数学選手権大会)」(主催:日本数学オープン実行委員会)が2014年5月10日(土)に株式会社講談社本社(所在地:東京都文京区)で開催され、「らまぬじゃん」チームが見ごと、優勝を飾りました。初出場の同チームは、小学6年生と2人の社会人で構成された3人のチーム。

日本数学オープン 公式ホームページURL
http://www.su-gaku.biz/math-open/


本大会は、数学に自信のある社会人や大学生などが3人1組でチームを作り、当協会が出題する数学の課題に挑むというもので、2012年11月に第1回が開催され、今回で4回め。大手の銀行や電機メーカー、生命保険会社などから16チーム48人が参加し、チームで数学力を競い合いました。老若男女問わず純粋に数学を楽しむ大会であることから、参加者の年齢層も小学生から大学生、社会人までと、今回もまさに生涯学習にふさわしいイベントとなりました。

競技内容は、第1ステージ(チームで高校数学レベルの問題を20問と、与えられた図形を3色に塗り分ける問題1問を60分で解く)、第2ステージ(参加者全員をシャッフルして構成した3人で、数字を並べた表からより多くの3ケタの素数を40分で探し出す。獲得した得点は、第1ステージでの元の所属チームに配分される)を経て、上位3チームが決勝ステージに挑むというもの。

決勝ステージでは、「『オイラーの等式』『ガウス積分』『テイラー展開』のいずれかの公式が、もし世界からなくなった場合、10年後の世の中はどうなるか」をチームで考察し、プレゼンテーションを行います。特別審査員の桜井 進氏(サイエンスナビゲーター)、飯高 茂氏(学習院大学名誉教授)と、決勝進出チーム以外の参加者および見学者が審査を行い、得点の高いチームが優勝となります。

小学生率いる「らまぬじゃん」チームは、「オイラーの等式」がなくなった場合を、ユーモアを交えたコメディ風にプレゼンテーションし、準優勝のチームと僅差で優勝を果たしました。チームのリーダーである小学6年生(11歳)の菅原 響生さん(千葉県千葉市)は「難しかったけど、団結力で優勝できた」と喜びを語りました。
大会を通じて特別審査員である桜井氏は、「数学を愛する心を持ち続ける社会人がたくさんいることを実感できた大会」と評されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング