エヴィクサー、乃木坂46公演「16人のプリンシパル」troisにACR技術を提供

@Press / 2014年7月15日 10時0分

公演用アプリを表示中の「Kobo Arc 7HD」
 ACR(自動コンテンツ認識)技術の開発を手がける日本エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳)は、2014年5月30日(金)~6月15日(日)に赤坂ACTシアターで行われた乃木坂46公演「16人のプリンシパル」troisへ、公演中の音声(BGM)と専用Androidタブレットを連携させるソリューションを提供いたしました。


 「16人のプリンシパル」troisは、乃木坂46の研究生を含むメンバー総勢43名が出演する舞台で、第一幕のコントによる公開オーディションの舞台を見た観客が、その場で投票を行い、第二幕に出演する16名の配役を決定する舞台です。
URL: http://www.nogizaka46.com/principal/trois/

 エヴィクサーのACR技術は、本公演のシークレット企画として、公演中の音声(BGM)に合わせて「Kobo Arc 7HD」に乃木坂46メンバーからのコメントや特典映像などが届く仕組みに利用されています。


「公演用アプリを表示中の「Kobo Arc 7HD」
http://www.atpress.ne.jp/releases/47707/img_47707_1.jpg

「公演中限定のオフショット/メッセージ」
http://www.atpress.ne.jp/releases/47707/img_47707_2.jpg


 今回のソリューションにより、以下のことが実現可能となります。
・インターネット通信のない環境で、既存の音響設備のみでスマートデバイスへの情報配信
・音声のみでスマートデバイス間の同期を行い、公演の音楽とスマートデバイスの演出をシンクロ
・BGMや音楽などの音声(可聴音)だけでなく、人の耳に聞こえない音声(非可聴音)での柔軟な運用


 当社では今回の発表を皮切りに、今後、ライブイベントや劇場、映画館の演出や、字幕、音声ガイドなどへの活用を更に進めてまいります。


【日本エヴィクサー株式会社について】
 Video / Audio / Image Fingerprint(映像・音声・イメージのフィンガープリント技術)、Audio Watermark(音響透かし)、スタンプラリーアプリ「Stac(スタック)」の運営、SIPソフトフォン「Chiffon」の開発をはじめ、IP-PBXソリューションの提供、リモートコントロールのソリューションを提供しております。
 「TBS世陸応援団」「TBSキクミミ」などのアプリをはじめとして、テレビ放送局、大手広告代理店、プラットフォーム運営会社などが手がけるアプリやキャンペーンに数多くACR技術を提供しております。
(URL: http://www.evixar.com )

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

公演中限定のオフショット/メッセージ

@Press

トピックスRSS

ランキング