リノベーション・DIYブームとともに、高まる小屋への関心 YADOKARI×SuMiKa「小屋づくり」キャンペーン7月1日(火)より開始 抽選で5名に、50万円の小屋製作費をプレゼント

@Press / 2014年7月1日 15時0分

キャンペーンサイト
 家づくりをしたい生活者と専門家(工務店、職人、建築家)を結び、住宅の新築・改築・リノベーションなどをサポートするウェブサービス「SuMiKa」を運営する株式会社SuMiKa(港区高輪、玉木克弥社長)は、世界中の小さな家を紹介するライフスタイルメディア「YADOKARI」(神奈川県川崎市、さわだいっせい / ウエスギセイタ代表)と共同で、抽選で5名に50万円の小屋製作費を支給する「小屋づくり」キャンペーンを7月1日(火)より開始いたします。


 近年、自分らしい暮らしにこだわり、家づくりに積極的な人が増えたことで、リノベーションやDIYへの関心が高まっています。家の最小単位である「小屋」は、すでに欧米では「Tiny house (小さな家)」として注目されており、日本でそうした世界中の小さな家を紹介する「YADOKARI」も人気を集めています。日本でも起こりつつある小屋ムーブメントの中で、「スマートメイド」型の家づくりの実現をサポートする「SuMiKa」は、本キャンペーンを通して生活者に「小屋づくり」の機会を提供し、自分らしい暮らしのカスタマイズを提案します。


 本キャンペーンでは、小屋製作を検討している施主を募集。抽選で5名に「SuMiKa」が50万円の小屋製作費を負担します。製作にあたっては、ウェブサービス「SuMiKa」に登録している専門の設計者、施工会社を紹介します。さらに世界中の小さい家に精通している「YADOKARI」がアドバイザーとしてサポートし、建築プランを練ることで、施主の理想の暮らしを実現します。


<キャンペーン概要>
■キャンペーン名
YADOKARI×SuMiKa 小屋づくりキャンペーン

■応募期間
2014年7月1日(火)10:00~2014年7月20日(日)23:59

■当選者に3つのメリット
1・製作費50万円までSuMiKaが負担
2・小屋を製作できるSuMiKa登録の専門家(建築家や工務店)を紹介
3・国内外の小屋を知るYADOKARIがアドバイザーとしてアイディアを提供

■キャンペーンサイトURL
http://campaign.sumika.me/yadokari_hut/

■当選者数
5名(抽選)

■当選発表
2014年7月28日(月)

■本キャンペーンに関するお問合わせ先
株式会社SuMiKa
Tel : 03-6408-9404
Email: campaign@sumika.me
月~金曜日9:00~18:00(土・日・祝日は除く)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング